ラレコ山への道:国際交流員「目からウロコ」

ウィスコンシン州の冬

2007年12月
 もう冬になりました。これから天気が寒くなって、雪もいっぱい降るでしょう。私は寒いところから来たので、こんな冬にもう慣れています。実は冬は一番好きな季節です。なぜなら雪の景観が大好きで、冬にしかできない楽しいこともたくさんあります。しかし、ウィスコンシンの冬は富山と比べたらちょっと違います。

 富山は冬になったらスキーやスノーボードする人が多いですね。でもウィスコンシン州には山がないので、スキー場がひとつしかありません。それにそこは山じゃないので、全然おもしろくありません。草原でするクロスカントリーというスキーの種類もありますが、私はやったことがありません。山がないのに雪がたくさん降るので、いろいろな雪遊びがあります。日本と同じ雪合戦と雪だるまがありますが、アメリカ人は雪だるまを作ったらボールを3個使います。あとはスキーの代わりに、ソリやスノーモビールが大人気です。雪遊びとかは普段は子どもしかしませんが、スノーモビールは大人の遊びです。

 そしてウィスコンシン州は結構寒くなるので、湖や川が全部凍ります。そうなったらスケートができます。普通のスケート場もたくさんあるけど、池や湖でスケートやアイスホッケーもできます。高校と大学にはアイスホッケーのチームがあります。私はスケートも好きですが、それよりアイスフィッシングがいいと思っています。アイスフィッシングというのは凍った湖に穴を開いて、魚を釣ることです。友達か家族と一緒に行って、ビールを飲みながら楽しめます。この方法で魚がいっぱい取れるので、すごく楽しいです。でも寒いので気を付けなければなりません。そのため、湖の上で小さい家を立てる人もいます。

 時々は、寒すぎる日や雪が降りすぎる日もあります。子どもがそんな日に学校に行ったら危ないので、基本的に学校は休みになります。もちろん、休みだから危ないのに、子どもたちは絶対外で遊びます。ウィスコンシン州にはソリと雪合戦が一番人気です。普通は1年にそういう休みが3日か4日ありますが、天気で休みになる場合は夏休みが少し短くなります。

 去年は雪があまり降らなくて残念でした。今年は絶対冬の遊びをしたいので、いっぱい降るように祈っています。生まれてから毎年冬に雪があったので、雪がないと冬だと認められません。




目からウロコ

 11月に高山に行きました! 紅葉を見に行ったけど、それより飛騨牛を食べに行きました! あるレストランで、こんな素敵な2,600円の飛騨牛定食を食べました。本当においしかったです。

(2007年12月 COLARE TIMES 掲載)
  • コラーレ倶楽部 特典・入会案内
  • 子どもたちの夢の種 リトル・カルチャークラブ
  • 実行委員会 コラーレを支えるサポーター
  • COLARE TIMES コラーレの機関紙からピックアップ
  • コラーレ倶楽部 アクティブグループの部屋
  • コラーレの足あと 沿革と過去のイベント紹介
  • アクセスマップ
  • コラーレ応援団体
  • 黒部であそぼう! リンク集