ラレコ山への道:国際交流員「目からウロコ」

トヨタのリコール問題

2010年5月
 今、アメリカでトヨタのリコールと制裁金が大騒ぎになっています。4月19日に決定された1600万ドル(約15億円)の制裁金は、アメリカでは自動車会社に対して史上初の最大制裁金になります。

 2009年に起きたアメリカ三大自動車メーカーの倒産危機を見た多くのアメリカ人は、信頼性に評判が高いトヨタの車を購入することにしました。そのアメリカ人は今のリコールで、トヨタへの信頼感がどんどん下がっています。

 このリコールまで、トヨタの車は品質がいいとよく思われたため、GMやフォードを押さえてアメリカで一番人気の自動車になりました。何十年も前、外国製の車や商品の販売を反対して、アメリカの会社が作ったものしか買わない方がいいと思った団体がよくデモなどで騒ぎました。しかし、90年代ぐらいから、日本製の車を購入する人が少しずつ増えてきました。そして、いつしか日本の車がアメリカの車よりも信頼できる評判になりました。アメリカの車はよく故障して燃費も悪かったので、何年間もずっと問題なしで使える日本製自動車が人気になりました。

 日本の代表的な自動車メーカーはトヨタです。トヨタは何十年もかけて、その信頼性の高い評判で世界最大の自動車メーカーになりました。長い間安全で壊れにくい車を作ったので、トヨタの車を愛用しているアメリカ人は今回のリコール問題でかなりのショックを受けています。トヨタの車をすでに持っている人は、リコールを起こしたアクセルの急加速トラブルの正体や原因をあまり詳しくわからないので、だいぶ不安になってきました。アメリカ運輸省が調査を行っていますが、その調査によってトヨタのリコールがだいぶ遅れたとわかり、トヨタの持ち主アメリカ人のショックが消えて怒りの気持ちが沸いてきました。

 今の事件がトヨタの営業にどんな影響が出るかまだわかりませんが、これはトヨタの問題だけではありません。外国の企業を疑う多くのアメリカ人がこの事件を例にして、昔みたいにそんな企業の営業を反対するかもしれないので、アメリカで活躍しているすべての日本企業に影響が出る可能性があります。




目からウロコ 目からウロコ
目からウロコ 目からウロコ

 この間、コラーレのマルチホールでアメリカ風のダンスパーティーを開催しました。約60人のお客さんが来てくれました。今回のイベントは音楽やカクテルを楽しみながら、みんなで踊ることが中心で、一般的なアメリカンダンスパーティーでした。お客さんがさらに楽しめるために、007のテーマを流し、スパイっぽい飾りなどを準備したり、本格的なカクテルを作ったり、いろいろ楽しい活動をしました。

(2010年05月 COLARE TIMES 掲載)
  • コラーレ倶楽部 特典・入会案内
  • 子どもたちの夢の種 リトル・カルチャークラブ
  • 実行委員会 コラーレを支えるサポーター
  • COLARE TIMES コラーレの機関紙からピックアップ
  • コラーレ倶楽部 アクティブグループの部屋
  • コラーレの足あと 沿革と過去のイベント紹介
  • アクセスマップ
  • コラーレ応援団体
  • 黒部であそぼう! リンク集