ラレコ山への道:国際交流員「目からウロコ」

#11 黒部に1年間

2016年8月
 富山に到着した日から、あっという間に1年間が経ちました。時間がこんなに早く経つのは信じられません。Time flies. その日以来、たくさんの人に会え、いい友だちができ、富山県内と国内を旅行でき、記憶に残る経験を積み、また、いろいろなおいしい食べ物もいただきました。

一番大切な経験は……

■保育園訪問とコラーレでのワークショップ
 黒部市の保育園の子どもたちに英語を教えることは、とても良い経験になりました。最初は、教える英語が子どもたちに強く影響することが怖かったのですが、現在では歌やゲームを使い、楽しく英語を教えることを主なポイントにしています。
コラーレの子ども・大人向けのイベントは、保育園訪問と少し違っています。主に英語を教えることではなく、文化交流を中心としています。たいていアメリカの祝日の紹介をイベントに組み入れることにしていますが、祝日の習慣を紹介するために、料理、手工芸、ゲーム、会話等をしています。
■よさこい
 JETプログラムを通して来日する前から、何らかのクラブやチームに入った方がいいことを知っていました。高校時代の最も親しい友だちはクラブ活動のおかげでできたし、それが他人とよく知り合える方法だと思います。去年の秋、私は3人のALTの友だちと一緒に、黒部市の「くろべRey華繚乱」というよさこいチームに入りました。それ以後、ずっと練習し続けています。昨年の10月を思い起こすと、今の私たちの状態にびっくりします。一番最初の練習日、チームのみんなが踊り始めたのを見て、「これは絶対無理……」と思っていたことを覚えています。すごく緊張していました。現在ではメインの踊りを全部習い、いくつかの祭りで発表しました! 私たち4人、ここまで一生懸命がんばってきたことを誇りに思っています。くろべRey華繚乱の皆さん、ありがとうございます。これからもがんばります!
■お祭り
 日本の祭りに行くと、簡単に楽しく日本文化について学ぶことができます。各祭りには様々な歴史があり、祭りに参加しながら様々な習慣を学べるのは楽しいと思います。そして、何よりも祭りの食べ物は最高です。日本料理が大好きですが、祭り屋台の食べ物は疑いもなく一番おいしいです。祭りに行く時、毎回かき氷を買うことにしています。日本の夏は暑くて湿度が高くて、夏の日に涼みたかったら、やはりかき氷ですね。

 最近、友だちと一緒に滑川市のふるさと龍宮まつりに行きました。友だちが浴衣を貸してくれて、ちゃんとした着方も教えてもらったので、友だちのおかげで初めて日本の祭りに浴衣を着られました。夏の浴衣は綺麗で、くつろぐことができ、夏祭りに適切ですね。夏が終わる前に自分の浴衣を買いたいと思っています。
コラーレの皆さん、黒部市の皆さん、この1年間、本当にありがとうございました。これからの1年間もよろしくお願いいたします!




目からウロコ
 メロディという友だちと一緒に、滑川の「ふるさと龍宮まつり」に行きました。初めて日本の祭りに浴衣で行き、とてもおもしろい日でした。もちろん、かき氷を食べながら、楽しい時間を過ごしました。かき氷は最高ですね。

(2016年08月 COLARE TIMES 掲載)
  • コラーレ倶楽部 特典・入会案内
  • 子どもたちの夢の種 リトル・カルチャークラブ
  • 実行委員会 コラーレを支えるサポーター
  • COLARE TIMES コラーレの機関紙からピックアップ
  • コラーレ倶楽部 アクティブグループの部屋
  • コラーレの足あと 沿革と過去のイベント紹介
  • アクセスマップ
  • コラーレ応援団体
  • 黒部であそぼう! リンク集