ラレコ山への道:国際交流員「目からウロコ」

#05 2月のお祝い

2016年2月

■ グラウンドホッグデー(Groundhog Day)

アメリカで2月に催されるお祝いのひとつに、「グラウンドホッグデー」という春の訪れを予言する行事があります。グラウンドホッグデーは毎年2月2日、グラウンドホッグというマーモットの一類の動物を使って天気を占います。2月2日はちょうど冬眠の終わりで、グラウンドホッグは冬眠から覚めて巣穴から出てきます。そして、グラウンドホッグは二つの行動をする可能性があります。

(1)晴れの日に巣穴から出てきたグラウンドホッグは、自分の影を見て驚いて巣穴に戻って行きます。

(2)曇っている日に巣穴から出てきたグラウンドホッグは、影を見ず、そのまま外に出ます。

この二つの行動はそれぞれ結果があります。(1)の結果は冬がまだ6週間も続くという意味で、(2)の結果は春が近づいているという意味です。今年はグラウンドホッグがそのまま外に出られたらいいですね。冬は寒すぎます!

最大のグラウンドホッグデーの行事はペンシルベニア州のパンクサトーニーで、何万人も集まって祝います。この町で登場するグラウンドホッグは、パンクサトーニー・フィル(Punxsutawney Phil)と呼ばれ、全世界で一番有名なグラウンドホッグ天気予報官でしょう。

目からウロコ

■ バレンタインデー(Valentine’s Day)

1月の後半になると、デパートやスーパーなどはピンクと赤だらけで、どこでもハートマークが見えてきます。チョコレートやハートだらけのカードが販売されはじめ、2月に入ったら花屋さんもどんどん混んでいきます。これはもちろんバレンタインデーの準備のためです。

バレンタインデーは毎年2月14日にあり、愛の祝日として知られています。この日は、チョコレート、花、カードなどを好きな人、彼氏や彼女、妻や夫などにあげる伝統があります。ロマンチックな日に見えますが、家族や友だちにもチョコレートをあげても大丈夫です。小学生たちは、バレンタインデーカードを同級生に渡します。ディズニーや流行っているテレビ番組や映画のキャラクターのカードがパックで販売され、カードにはバレンタインメッセージが書いてあります。カードにそれぞれの同級生の名前を書き、時々カードにチョコレートやキャンディーを貼ることもあります。2月14日に学校に集まり、生徒たちが持ってきた小さい箱や袋にカードやチョコレートを入れ、みんなでバレンタインデーを楽しみます。

日本の「義理チョコ」や「ホワイトデー」はアメリカにはないと思います。アメリカのバレンタインデーでは、誰でも誰にでもチョコレートをあげられます。日本のように、女性が男性にチョコをあげるということに限りません。

私にとってバレンタインデーの一番好きなところは、2月15日以降にチョコレートがセールになることです。

Happy Groundhog Day! Happy Valentine’s Day!
 



目からウロコ

母からメリーランド州の写真が届きました。日本が大雪だったとき、アメリカも同じだったそうです。「ストーム・ジョナス(Storm Jonas)」という名前の吹雪のためで、こんなに雪が降りました。

(2016年02月 COLARE TIMES 掲載)
  • コラーレ倶楽部 特典・入会案内
  • 子どもたちの夢の種 リトル・カルチャークラブ
  • 実行委員会 コラーレを支えるサポーター
  • COLARE TIMES コラーレの機関紙からピックアップ
  • コラーレ倶楽部 アクティブグループの部屋
  • コラーレの足あと 沿革と過去のイベント紹介
  • アクセスマップ
  • コラーレ応援団体
  • 黒部であそぼう! リンク集