ラレコ山への道:国際交流員「目からウロコ」

日本のイメージ

2007年9月

 小さい時、日本についてあまり知らなかったのに、イメージだけはありました。そのイメージは今のと比べたら全然違います。学校などで日本のことを勉強する機会はあまりなかったので、日本に関する知識はテレビや映画から得ました。アメリカにいる家族や友達もそうだと思います。私の母でも勘違いをよくします。3年ぐらい前まで、日本人はみんな犬を食べると思ってしまいました! アメリカの学校にはアジアの歴史や文化を教える授業はまだ珍しいので、そういうことに詳しい人も少ないです。

 私は80年代に育ちました。あの時のアメリカでは、日本は車と電気製品で有名でした。アメリカ人は日本の経済的な好景気を見て「日本人は頭がいい」「日本人はみんな一生懸命に働く」というイメージがありました。でも、アメリカにアジアの国を見分けられる人が少なかったので、そういうイメージは日本だけじゃなく、アジア全体に付けられてしまいました。最近、日本の食べ物と漫画やアニメが流行っていて、日本から文化的な影響が増えています。そのおかげで、日本のことを知ろうとする人も増えています。

 大学に入ってから日本語の勉強を始めました。3年間アメリカで日本語と日本文化を勉強しました。日本語学部の先生たちはみんな日本人でしたが、文化よりは日本の社会問題やネガティブなことに集中しました。授業のせいで、日本は社会問題が多すぎて暗い国かなと思ってしまいました。それに、先生たちは厳しくてちょっと怖いから、日本人と喋るといつも緊張していました。でもあの時、いっぱい勉強したにも関わらず、日本にはまだ行ったことがありませんでした。日本を実際に見たかったので、4年生になったら東京へ留学しました。

 日本に2年間住んでいましたが、まだ毎日新しいことを見ています。来る前に日本はどんな国か想像もできませんでした。今でもその質問を聞かれても答えられないと思います。実は日本が思っているより、アメリカに似ています。でも大きい違いもいくつもあります。私は日本人にアメリカのことを教えるだけじゃなくて、帰ったらアメリカにいる友達に日本のことも教えてみます。しかし、違う国の文化とかを理解しようとしたら、その国へ実際に行かなければならないと思います。




目からウロコ

 この間友だちと鎌倉に行きました! 大仏も見に行きました。2回目だったのにすごかったです。けっこう暑かったから観光が大変だったけど、いろいろ面白いところに行きました。今度大阪に行こうと思うので、報告を楽しみにしてね!

(2007年09月 COLARE TIMES 掲載)

  • コラーレ倶楽部 特典・入会案内
  • 子どもたちの夢の種 リトル・カルチャークラブ
  • 実行委員会 コラーレを支えるサポーター
  • COLARE TIMES コラーレの機関紙からピックアップ
  • コラーレ倶楽部 アクティブグループの部屋
  • コラーレの足あと 沿革と過去のイベント紹介
  • アクセスマップ
  • コラーレ応援団体
  • 黒部であそぼう! リンク集