うたげのテント:イベント情報

映画の森「漁港の肉子ちゃん」

みんな、望まれて生まれてきたんやで。

“普通が一番ええのやで” 肉子ちゃんが幸せ届けます。

漁港の船に住むちょっと訳アリ母娘が紡ぐ感動のハートフルコメディ。




<アニメ、ドラマ、コメディ>
2021年/日本/97分[日本語字幕付]

※日本語字幕付き
セリフが字幕で表示され、より多くの方に作品を楽しんでいただくための上映です。内容は通常版と変わりません。

ⓒ 2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会

映画の森「漁港の肉子ちゃん」
  • 映画の森「漁港の肉子ちゃん」 2枚目
  • 映画の森「漁港の肉子ちゃん」 3枚目
出演者または講師

[スタッフ]
監督:渡辺歩
企画・プロデュース:明石家さんま
原作:西加奈子『漁港の肉子ちゃん』(幻冬舎文庫刊)
脚本:大島里美

[声の出演]
大竹しのぶ、Cocomi、花江夏樹
中村育二、石井いづみ、山西惇、八十田勇一、下野紘
マツコ・デラックス、吉岡里帆

演目・曲目

 明石家さんまが、直木賞受賞作家・西加奈子の小説に惚れ込み、劇場アニメ映画として企画・プロデュース! アニメーション制作は『海獣の子供』『映画 えんとつ町のプペル』のSTUDIO4℃。船に住むちょっと訳アリな母娘の秘密が紡ぐ、笑って泣けてそっと勇気をもらう感動のハートフルコメディ。
 天真爛漫で惚れっぽく、いつもダメ男にだまされてきた母の肉子ちゃんと、対照的にしっかり者の小学5年生の娘・キクコ。肉子ちゃんの恋が終わるたびに各地を転々としてきた二人はある時、北の小さな港町に流れ着く。そして焼き肉屋“うをがし”で働きながら、店主のサッサンが所有する船に寝泊まりするようになる。地元の小学校に通うキクコは、どうしても周りの目が気になってしまい、豪快な肉子ちゃんのことがちょっと恥ずかしいと感じてしまうのだったが……。

詳細情報
日程 2022年06月26日(Sun) 開場13:30 開映14:00
開催場所 黒部市国際文化センター コラーレ(カーターホール)
料金

全席自由 一般1,000円 高校生以下500円

お問い合わせ

黒部市国際文化センター コラーレ

TEL. 0765-57-1201 FAX. 0765-57-1207
開館時間:9:00 – 22:30(土曜 – 23:00)/毎週水曜休館

  • コラーレ倶楽部 特典・入会案内
  • 子どもたちの夢の種 リトル・カルチャークラブ
  • 実行委員会 コラーレを支えるサポーター
  • COLARE TIMES コラーレの機関紙からピックアップ
  • コラーレ倶楽部 アクティブグループの部屋
  • コラーレの足あと 沿革と過去のイベント紹介
  • アクセスマップ
  • コラーレ応援団体
  • 黒部であそぼう! リンク集