能舞台

鏡の間
あの世阿弥が、「花伝書」にのこした美の極致を
夜のしじまの水の鏡に映してみたい。
燃えるような花か、あでやかさの奥の冷え冷えとした美か。
そしていつか
「花」を演じきる能役者がこの舞台から誕生することを……。

そんな遠大な夢と願いをこめて、この能舞台をはじめ
コラーレの施設全体がつくられています。
「和」の生活文化ゾーンでは、日本の伝統芸能や伝統文化を通して
国際交流と地域交流の輪がひろがるよう、
黒部ならではの銀色の茶室や、大広間が設けられました。
水の清らかさが、ふるさとの誇りであり続けるように
こころのゆたかさが、泉のようにあふれ続けることを願っています。



能舞台
客席数 約300席
   



このページのトップへ ― 「わかばのゲート」トップページへ ― ホームへ