小曽根真 クリスマス・ジャズライヴ


小曽根 真(ピアノ)
 1983年バークリー音大ジャズ作・編曲科を首席で卒業。同年米CBSと日本人初のレコード専属契約を結び、アルバム「OZONE」で全世界デビュー。2003年グラミー賞ノミネート。
 以来、ソロ・ライブをはじめゲイリー・バートン、ブランフォード・マルサリス、パキート・デ・リベラなど世界的なトッププレイヤーとの共演や、自身のビッグ・バンド「No Name Horses」を率いてのツアーなど、ジャズの最前線で活躍。

 近年はクラシックにも本格的に取り組み、国内外の主要オーケストラと、バーンスタイン、モーツァルト、ラフマニノフ、プロコフィエフなどの協奏曲で共演を重ね、「比類のない演奏で、観客は魅了され大絶賛した」(北独ハノーファー新聞)など高い評価を得ている。
 2010年、ショパン生誕200年を記念したアルバム「ロード・トゥ・ショパン」を発表し同名の全国ツアーを成功させ、ポーランド政府より「ショパン・パスポート」を授与される。
 2014年にはニューヨーク・フィルのソリストに抜擢され、韓国、日本、ニューヨーク公演で共演。以来、サンフランシスコ響、デトロイト響、ラビニア音楽祭(シカゴ響)に招かれるなど、米国でも躍進を続けている。
 2016年には、チック・コリアとの日本で初の全国デュオ・ツアーを成功させ、2017年にはゲイリー・バートンの引退記念となる日本ツアーを開催。また、秋には10年ぶりに「小曽根真 THE TRIO」を再結成し、最新アルバム「ディメンションズ」をリリース。また、11月には再びニューヨーク・フィルに招かれ、「バーンスタイン生誕100年祭」の定期演奏会に出演。このライブ録音は、2018年3月、ユニバーサル・ミュージックより「ビヨンド・ボーダーズ」と題して、小曽根真の初のクラシックアルバムとして、CDリリースを果たした。2020年は「No Name Horses」の15周年記念アルバム「Until We Vanish」をリリース。映画音楽など、作曲にも意欲的に取り組み、多彩な才能でジャンルを超え、幅広く活躍を続けている。平成30年度紫綬褒章受章。


2020年12月22日(火) 開場18:00 開演19:00
黒部市国際文化センター コラーレ(カーターホール)
全席指定 一般4,500円 高校生以下1,000円 障がい者手帳をお持ちの方4,000円
●この公演は黒部市の助成により低料金でお楽しみいただけます。
●未就学児の入場はご遠慮願います。公演中、未就学児を対象とした「一時保育(無料)」を実施しています。公演10日前までにお申し込みください。
●車椅子の方、補助犬をお連れの方は、座席の相談を承りますので、コラーレまでお問い合せください。
■主 催:公益財団法人黒部市国際文化センター
■協 賛:富山テレビ放送 FMとやま
■後 援:黒部市 黒部市教育委員会 北日本新聞社


ご来場のみなさまへ
新型コロナウイルス感染症対策にご協力をお願いいたします。
●手洗い、消毒液のご利用をお願いいたします。
●「マスク着用」や「咳エチケット」にご協力ください。
●咳、のどの痛み、だるさ、発熱などの体調不良を感じる場合には、ご来場をお控えください。
※密集を避けるため、原則隣席を空けた座席配置となります。隣りあわせでの購入はできませんので、ご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、公演が中止・変更になる場合があります。最新情報はHPをご覧ください。


このページのトップへ ― 「うたげのテント」トップページへ ― ホームへ