映画「インビクタス 負けざる者たち」

クリント・イーストウッド × モーガン・フリーマン × マット・デイモン
豪華アカデミー賞監督・俳優競演で贈る、真実の感動ドラマ
 「チェンジリング」「グラン・トリノ」の巨匠クリント・イーストウッド監督が、アパルトヘイト(人種隔離政策)後の南アフリカで開催されたラグビーワールドカップを巡る感動の実話を映画化したヒューマン・ドラマ。アパルトヘイト撤廃後も人種間対立が残る中、国民が一つにまとまる大きな転機となった自国開催のラグビーW杯での奇跡の初優勝までの道のりを、ネルソン・マンデラ大統領と代表チーム・キャプテンを務めたフランソワ・ピナール選手との間に芽生える絆を軸に描き出す。主演はモーガン・フリーマンとマット・デイモン。


ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。
 1990年、アパルトヘイトに反対し27年間も投獄されていたネルソン・マンデラがついに釈放される。そして1994年、初めて全国民が参加した総選挙が実施され、ネルソン・マンデラは南アフリカ初の黒人大統領に就任する。しかしアパルトヘイト撤廃後も、白人と黒人の人種対立と経済格差は依然として解消されず、国家はいまだ分断状態にあった。マンデラ大統領にとって国民の統合こそが悲願であり、自ら寛容の精神で範を示し、国民に和解と融和を呼びかける。そして、翌95年に南アフリカで初開催されるラグビーW杯を国民融和の絶好のチャンスと捉える。彼は、長らく国際試合から閉め出され弱小化していた代表チームのキャプテン、フランソワを官邸に招き、国を一つにまとめるためにW杯での優勝が欠かせないと訴えかける。戸惑いつつも、大統領の不屈の信念に心打たれたフランソワは、やがて誰もが不可能と考えた優勝目指してチームを引っ張っていくのだが……。



[スタッフ]
監督:クリント・イーストウッド
製作:ロリー・マクレアリー、ロバート・ロレンツ、メイス・ニューフェルド、クリント・イーストウッド
製作総指揮:モーガン・フリーマン、ティム・ムーア
原作:ジョン・カーリン
脚本:アンソニー・ペッカム
撮影:トム・スターン
プロダクションデザイン:ジェームズ・J・ムラカミ
衣装デザイン:デボラ・ホッパー
編集:ジョエル・コックス、ゲイリー・D・ローチ
音楽:カイル・イーストウッド、マイケル・スティーヴンス

[キャスト]
モーガン・フリーマン マット・デイモン トニー・キゴロギ パトリック・モフォケン マット・スターン ジュリアン・ルイス・ジョーンズ アッジョア・アンドー マルグリット・ウィートリー レレティ・クマロ パトリック・リスター ペニー・ダウニー

舞台:南アフリカ
2009年/アメリカ/134分/英語[日本語字幕]

★ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞(男優賞、監督賞)

(C) 2010 Warner Bros.Entertainment Inc.All rights reserved.


2018年3月4日(日) 開場14:00 開映14:30
全席自由 500円
前売券はコラーレ窓口で取り扱っております。電話でのご予約も承ります。
コラーレ TEL. 0765-57-1201 開館時間:9:00 - 22:30(土曜 - 23:00)/毎週水曜休館