映画「ベンダ・ビリリ! もう一つのキンシャサの奇跡」

カンヌ国際映画祭を熱狂させた奇跡のドキュメンタリー!
 2010年5月。カンヌ映画祭を今年最も熱く興奮させたのは、ハリウッドの有名セレブではなく、コンゴの路上からやって来た、手作り楽器で誰にも真似できない音楽を演奏する車椅子4人と松葉杖1人を含むバンド「スタッフ・ベンダ・ビリリ」だった!
 彼らが数々の困難や挫折を乗り越え、2009年にアルバムを世界発売し、大々的な成功をおさめるまでの5年間を記録したのが、映画『ベンダ・ビリリ!』である。


足掛け5年にわたって、スタッフ・ベンダ・ビリリの奇跡を映像化!
合い言葉は、ベンダ・ビリリ! その意味は「外側を剥ぎ取れ=内面を見よ」!
 映画の始まりは、2004年。コンゴを愛する二人のフランス人映像作家が、ある日、キンシャサの路上で、ビリリの音楽を偶然耳にしたことから始まった。戦争による混乱と貧困でカオスとなったキンシャサで、障害を持ち、家がなく動物園で眠り演奏する。そこはまるで世界のドン底。しかしその音楽は豊かに輝き、メンバーはとことん前向きだった。二人はビリリに魅了され、彼らのアルバム制作とドキュメンタリー映画の制作を決意。
 それから5年。数々の困難や挫折を乗り越え、2009年にアルバムが世界発売。わずか数カ月後には、何と大々的なヨーロッパツアーまでが実現。彼らの音楽、彼らのパフォーマンスは、出会った人すべてに感動を呼び起こし、それはまさしく奇跡だった。
 映画は2009年夏の、その成功までを描いている。「ベンダ・ビリリ」、それはリンガラ語で、「外側を剥ぎ取れ」という意味。障害はあろうとも魂は自由なのだ、外側ではなく内面を見よ! 彼らの音楽が、彼らの生き方が伝える強いメッセージがここにある。


これは音楽映画ではない――コンゴ、ひいてはアフリカの現状を描き、
パパ・リッキーと路上の子どもの絆を描く「父と息子」の物語。
 二人の監督は「これは音楽映画ではない」と言う。コンゴ社会、ひいてはアフリカ全体の社会的な状況の中で、外側に追いやられ、貧しさに喘ぎ、路上で暮らしている何百万人もの人々のための映画なのである。同時にこの映画は、父と息子の物語でもある。ビリリは、ストリート・チルドレンたちの親代わりの存在だ。特に、“パパ・リッキー”と慕われるバンドのリーダーと、彼が拾い上げた、音楽の天才であるストリートの子・ロジェとの絆は観客に大きな感動と共感を与えるだろう。スタッフ・ベンダ・ビリリは、彼らの歌う歌詞からも伝わるように、いわば、「ストリートに暮らす人々のスポークスマン」。そしてそれは、決してあきらめない、という勇気と希望の物語である。


[スタッフ]
監督・脚本・撮影・録音:フローラン・ドラテュライ、ルノー・バレ
製作:フローラン・ドゥ・ラ・テューレ、ルノー・バレ、イヴ・シャンヴィヤール、ナディム・シェクロウハ
音楽:スタッフ・ベンダ・ビリリ
音楽監督:キューバン・カベヤ
編集:ジャンクリストフ・イム
字幕:松岡葉子
整音:ミカエル・バール

[キャスト]
スタッフ・ベンダ・ビリリ

舞台:コンゴ民主共和国
2010年/フランス/87分/フランス語[日本語字幕/ドキュメンタリー]

★カンヌ映画祭(監督週間出品)

2018年3月3日(土) 開場14:00 開映14:30
全席自由 500円
前売券はコラーレ窓口で取り扱っております。電話でのご予約も承ります。
コラーレ TEL. 0765-57-1201 開館時間:9:00 - 22:30(土曜 - 23:00)/毎週水曜休館