うたげのテント:イベント情報

パフォーミングアーツのエントランス vol.6 琉楽(りゅうがく)

パフォーマンスはもちろんのこと、
解説やエピソードなどもお楽しみいただける、舞台芸術の入門公演。
ファンはもちろん、初心者も気軽にお楽しみください。

※琉楽とは、琉球王国時代に育まれた固有の音楽のこと。歌三線を中心に琉球箏、琉球笛などの伴奏楽器を加えて演奏されています。

12月2日(金) 9:00よりチケット発売開始
パフォーミングアーツのエントランス vol.6 琉楽(りゅうがく)
出演者または講師

[出演]

棚原 健太 TANAHARA Kenta(歌三線)

沖縄県浦添市出身。19歳から本格的に三線(さんしん)を始める。沖縄県立芸術大学音楽学部琉球芸能専攻卒業、同大学舞台芸術専攻 (修士課程)修了。実技ともに学術的に琉球古典音楽を学ぶ。国立劇場おきなわ組踊養成研修では、人間国宝をはじめとする講師陣から組踊の地謡実技等を学ぶ。現在は、沖縄県内外での琉球芸能公演等に出演、普及活動も行う。一般財団法人地域創造の公共ホール邦楽活性化事業の登録演奏家に選出。邦楽事業初の琉球古典音楽演奏家として、2023年1月に富山県黒部市、同2月に東京都練馬区にてアウトリーチ活動およびコンサート公演を実施予定。そのほか、自らも運営する YouTubeチャンネル「リュウカツチュウ」では約8000人の登録者がおり、琉球芸能の発信活動にも取り組む。
沖縄タイムス伝統芸能選考会 三線の部 グランプリ受賞。琉球古典音楽野村流保存会 教師(比嘉康春に師事)。国指定重要無形文化財「組踊」地方(三線)伝承者。

——————————-

町田 倫士 MACHIDA Norito(琉球箏)

沖縄県沖縄市出身。幼少期からのエイサー好きが高じて伝統芸能の道へ。16歳で琉球箏(りゅうきゅうごと)に出会う。琉球大学法文学部国際言語学科琉球アジア文化専攻卒業、沖縄県立芸術大学音楽芸術研究科舞台芸術専攻(修士課程)修了。実技ともに学術的に琉球箏曲を学ぶ。国立劇場おきなわ組踊養成研修では、人間国宝をはじめとする講師陣から組踊の地謡実技等を学ぶ。現在は、沖縄県内外での琉球芸能公演等に出演、普及活動も行なう。そのほか、自らも運営する YouTube チャンネル「リュウカツチュウ」では約8000人の登録者がおり、琉球芸能の発信活動にも取り組む。
琉球新報琉球古典芸能コンクール箏曲部門、最高賞受賞。琉球箏曲興陽会 教師、琉球古典音楽湛水流保存会 師範(山内照子に師事)。国指定重要無形文化財「組踊」地方(琉球箏)伝承者。

——————————-

大城 建大郎 OSHIRO Kentaro(琉球笛)

沖縄県那覇市出身。沖縄県立南風原高等学校郷土文化コースに進学をきっかけに琉球古典音楽、琉球笛(りゅうきゅうぶえ)を学び始める。沖縄県立芸術大学音楽学部琉球芸能専攻卒業、同大学舞台芸術専攻(修士課程)修了。実技ともに学術的に琉球古典音楽、琉球笛を学ぶ。国立劇場おきなわ組踊養成研修では琉球笛を専攻し、人間国宝をはじめとする講師陣から組踊の地謡実技等を学ぶ。現在は、国立劇場おきなわ主催公演をはじめ、沖縄県内外の琉球芸能公演等に出演し活動の幅を広げている。
琉球新報琉球古典芸能コンクール最高賞。安富祖流絃聲会 師範。南風原高等学校郷土文化コース非常勤講師。国指定重要無形文化財「組踊」地方(琉球笛)伝承者。FMとよみ「沖縄おんがく村」パーソナリティ担当。

——————————-

● アーティストの繋がり ●

今回の出演者の3名は、沖縄県立芸術大学や国立劇場おきなわ組踊養成研修修了者である。それぞれ楽器の専門分野は違うが、現在では沖縄を拠点に県内外、海外での琉球芸能公演等に出演している。また、3名が所属する沖縄伝統組踊「子の会(しーのかい)」では、文化芸術による子供育成推進事業・組踊巡回公演(文化庁主催)にて組踊の普及にも努めている。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

演目・曲目

[プログラム]
♪ かぎやで風節(かじゃでぃふうぶし)<琉球古典音楽>
♪ 瓦屋節(からやーぶし)<琉球古典音楽>
♪ 武富節(だきどぅんぶし)、南嶽節(なんだきぶし) 〜琉球舞踊「貫花(ぬちばな)」より〜
♪ てぃんさぐぬ花(沖縄民謡)  ほか

※内容が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

詳細情報
日程 2023年01月28日(Sat) 開場13:30 開演14:00
開催場所 黒部市国際文化センター コラーレ(マルチホール)
料金

全席自由(ドリンク付)3,000円 高校生以下 1,000円 障がい者手帳をお持ちの方 2,500円(当日・各300円高)

12月2日(金) 9:00よりチケット発売開始
クレジット

令和4年度公共ホール邦楽活性化事業
■主催:公益財団法人黒部市国際文化センター
■共催:一般財団法人地域創造、チューリップテレビ
■後援:黒部市、黒部市教育委員会、北日本新聞社

備考

●未就学児の入場はご遠慮願います。
●車椅子の方、補助犬をお連れの方は、座席の相談を承りますので、コラーレまでお問い合せください。
●この公演は黒部市の助成により低料金でお楽しみいただけます。


>> チラシをダウンロード(PDF形式/1MB)

お問い合わせ

黒部市国際文化センター コラーレ
〒938-0031 富山県黒部市三日市20番地
TEL. 0765-57-1201 FAX. 0765-57-1207
info@colare.jp  http://www.colare.jp/

  • コラーレ倶楽部 特典・入会案内
  • 子どもたちの夢の種 リトル・カルチャークラブ
  • 実行委員会 コラーレを支えるサポーター
  • COLARE TIMES コラーレの機関紙からピックアップ
  • コラーレ倶楽部 アクティブグループの部屋
  • コラーレの足あと 沿革と過去のイベント紹介
  • アクセスマップ
  • コラーレ応援団体
  • 黒部であそぼう! リンク集