ラレコ山への道:国際交流員「目からウロコ」

#09 よさこい! よさこい!

2016年6月
 よさこい踊りを初めて見たのは、去年来日した頃でした。富山県に来たばかりで、富山市に日用品の買い物に行ったところ、「とやまよさこい祭り」に出会いました。大きいキャッチーな音楽が流れ、綺麗な凝った衣装を着ていた人々がたくさん見えました。にぎやかな雰囲気で、ダンサーたちの活気が感じられ、私も踊りたくなってくるほど、精力的な踊りが見られました。私は踊ることが大好きなので、一度ダンスチームに入りたかったのですが、今までチャンスがありませんでした。しかし、せっかく日本にいるので、よさこいみたいな日本の踊りのチームに入ってみようかと思っていました。

 2―3週間後、友だちと一緒に城端町の「むぎや祭り」に行くと、たまたまよさこいのイベントが開催されていました。言うまでもなくイベントを最後まで見て、とやまよさこい祭りのように、終始その踊りに驚きました。そしてその日、よさこいチームに入ることを目標にしました。

 去年の10月から、黒部市にあるよさこいチーム「くろべRey華繚乱」(以前は「くろべRey乱舞隊」)で練習し始めました。よさこいのことを全然知らなかった私は、初めはずっと気後れしていました。鳴子の持ち方や踊る間の立ち方等のことを何も知らなかったので、緊張ばかりでした。それ以来、3人のALTの友だちとよさこいを続けています。毎週、タイミング、体の向き方、立ち方、傘と鳴子の持ち方、腕の高さなどを練習しています。
 今年の5月、魚津市で毎年恒例の「よっしゃ来い!! CHOUROKUまつり」でデビューしました。ラインアップの最後の方に踊ることになり、他のチームの発表を見る機会がありました。多様で独特なスタイルの踊りを見ることができ、よさこいに対して気持ちが確実に上がりました。それに、くろべReyの皆さんと一緒に衣装を着て、会場を歩き回ったことは、私にとってすごく楽しかったです。本当にチームに所属していた気がしました。

 「よっしゃ来い!! CHOUROKUまつり」の本番はあっという間に終わりましたが、良くできたと思います。しかし実は、本番のことはあまり覚えていないのです。今も途切れ途切れの瞬間しか思い出せません。アドレナリンと緊張が高過ぎて、すっかり忘れてしまいました。でも、自覚がなくても自然に体は踊ったのだと思います。何も覚えていないほど緊張していたことは信じられないですね。不思議な経験でしたが、全体的に楽しかったです。

 発表後、お客さんの前に演じるのが好きのことに気付きました。何ヵ月も練習してきて、チームとして大勢の前に発表することは最高の気分にさせてくれました。こんなに楽しいことに参加できて感謝しています。くろべRey華繚乱の皆さん、ありがとうございます! これからも一生懸命がんばります!




目からウロコ
 5月15日、アマンダとメロディー、リサと一緒に魚津市の「よっしゃ来い!! CHOUROKUまつり」にデビューしました。天気も雰囲気も人々も良くて、大変嬉しかったです。絶対忘れない思い出ができました。

(2016年06月 COLARE TIMES 掲載)
  • コラーレ倶楽部 特典・入会案内
  • 子どもたちの夢の種 リトル・カルチャークラブ
  • 実行委員会 コラーレを支えるサポーター
  • COLARE TIMES コラーレの機関紙からピックアップ
  • コラーレ倶楽部 アクティブグループの部屋
  • コラーレの足あと 沿革と過去のイベント紹介
  • アクセスマップ
  • コラーレ応援団体
  • 黒部であそぼう! リンク集