ラレコ山への道:国際交流員「目からウロコ」

アメリカの食日記

2008年10月
 この間、ウィスコンシン州に帰りました。その2週間、家族や友だちに会えて、すごく楽しい時期を過ごしました。そしておいしいものをいっぱい食べました。好きなものを毎日食べて、5kgぐらい太ってしまいました。今回は、アメリカで食べたものを紹介したいと思います。

 ウィスコンシンに着いてすぐ、家族でバーベキューをしました。バーベキューがはじまる前、みんなで喋りながらチーズやポテトチップスを軽く食べました。お昼ぐらいからおじさんが肉を焼きました。ハンバーガーとホット・ドッグがメイン、そして私の一番好きな食べ物もありました。それはブラットワーストというドイツのソーセージです。ウィスコンシン州ではよく、バーベキューの時に食べられています。ブラットワーストはホット・ドッグより太くて、味がビールによく合います。トマト、レタス、ケチャップ、マスタード、パンなどがキッチンのところに置いてあったので、肉と好きな野菜とソースをパンにはさんでから食べました。ポテトサラダやフルーツもありました。

 お母さんの料理も食べました。子どもの時、ラザニアというイタリア料理をよく食べ、ウィスコンシンに帰るたびにお母さんがいつも作ってくれます。ラザニアというのは平らで四角いパスタの種類だけど、そのパスタを使う料理自体もラザニアと呼ばれています。トマト、肉、チーズなど、いろいろな材料をパスタにはさみ、チーズをかけてオーブンで焼き上げます。

 そして、アメリカに帰ったら必ずステーキを食べます。今回もステーキをいっぱい食べました。1回目はレストランで450gの大きなステーキを食べました。レストランで食べたら、普通にポテトとサラダもついています。値段は約1600円。もう1回食べたけど、今度はおばあさんちでおじさんが作りました。225gの小さいステーキと海老を、バーベキューみたいにグリルで焼きました。ステーキは小さかったけど、4個を余裕に食べてしまいました。海老もサラダもいっぱい食べ、そしてデザートでペカンパイとアイスクリームも食べました。

 アメリカで食べ過ぎたかもしれないけど、ここで食べられないものがいっぱいあって、食べないともったいないなと思ってしまいました。もとの体重に戻るまでがんばってダイエットをします!




目からウロコ

 この間3連休で岐阜に行ってきました。アクアトト・ぎふという淡水魚の水族館に行ってみました。おもしろい魚がたくさんいて、楽しかったです。すごく大きなナマズとかピラニアとか、世界中の川にいる生き物がいました。ワニや亀もいました。水族館がちょっと遠いところにあるけど、車で行ったので楽しくドライブもできました。

(2008年10月 COLARE TIMES 掲載)
  • コラーレ倶楽部 特典・入会案内
  • 子どもたちの夢の種 リトル・カルチャークラブ
  • 実行委員会 コラーレを支えるサポーター
  • COLARE TIMES コラーレの機関紙からピックアップ
  • コラーレ倶楽部 アクティブグループの部屋
  • コラーレの足あと 沿革と過去のイベント紹介
  • アクセスマップ
  • コラーレ応援団体
  • 黒部であそぼう! リンク集