ラレコ山への道:国際交流員「目からウロコ」

夏の音楽祭

2008年8月
 アメリカの夏は音楽祭の時期です。大きい音楽祭がいくつもあります。ロラパルーザやオッズフェストという大きいロックフェスティバルもあるけど、地域の音楽祭もたくさんあります。ほとんどの音楽祭は毎年決まった場所で開催されるけど、いろいろな町をまわるのもあります。

 アメリカの音楽祭は音楽だけじゃなくて、さまざまなアトラクションがあります。ステージがいくつもあり、小さいステージでは地方のバンドや音楽家の演奏、マジック、演劇などがあります。食べ物やTシャツを売る店もいっぱいあるし、ジェットコースターみたいな楽しい乗り物もあるので、子どもたちでも楽しめるカーニバルのようなイベントです。取り上げる音楽も多彩です。ロックが一番多いけど、ヒップホップ、ジャズ、クラシカル、ブルーズ、カントリーなどもあります。大きなイベントだったら、今はやっているバンドや歌手が出ます。一方、小さな音楽祭では昔人気のあったバンドが多いです。

 ウィスコンシン州にもたくさんの音楽祭あり、私の地元では「リバーフェスト(川のフェスティバル)」があります。毎年7月に行われる4日間の祭りで、川を沿う広い公園で行われています。子どもの時、いつも楽しみにしていました。その時期は他でもっと大きい音楽祭がたくさんあるので、昔のバンドしか来ないけど、いつも最後の日にすごく有名なバンドが来ます。今年のリバーフェストは7月10日から13日までで、最終日のメインバンドはザ・ビーチ・ボーイズでした。

 近くのミルウォーキー市には「サマーフェスト」というとても大きい音楽祭があります。それは毎年6月か7月にある、11日間のフェスティバルです。ステージが13あり、音楽のジャンルでわかれています。一番大きいステージには毎日大人気の歌手が出ます。今年、アリシア・キーズやジョン・メレンキャンプが出ました。サマーフェストはアメリカ中西部の最大の音楽祭なので、ウィスコンシン州だけじゃなくて、イリノイ州とミネソタ州の人からもたくさん来ます。

 大きい音楽祭も楽しいけど、地元のリバーフェストは安くて、毎年友だちとみんなで遊びに行ったので、私はそっちの方が好きかもしれません。黒部にもそんなフェスティバルがあればいいなと思います。




目からウロコ

 この間、富山国際センターが主催した「とやま国際塾」に講師として参加しました。富山県の高校生が20人、そして留学生や研修員が10人参加しました。立山の自然の家で行われた2日間の研修でした。世界問題や国際協力について色々な授業とワークショップがありました。高校生はロシア、ブラジル、韓国、中国などの留学生とみんなで面白い活動ができたのでとても楽しかったと思います。

(2008年08月 COLARE TIMES 掲載)
  • コラーレ倶楽部 特典・入会案内
  • 子どもたちの夢の種 リトル・カルチャークラブ
  • 実行委員会 コラーレを支えるサポーター
  • COLARE TIMES コラーレの機関紙からピックアップ
  • コラーレ倶楽部 アクティブグループの部屋
  • コラーレの足あと 沿革と過去のイベント紹介
  • アクセスマップ
  • コラーレ応援団体
  • 黒部であそぼう! リンク集