ユーゴ・ラシャペル #18

Je me souviens (1)(ジュ・ム・スヴィエン)(覚えている)
 
 昨年12月23日から年が明けて1月9日まで、カナダへ一旦帰郷しました。年末は本当に忙しくて、同じく1月も忙しくなりそうだったので、実家でゆっくり休むことにしていました。でも、結局はなかなか休めませんでした。毎日何かがあり、何もしなかった日はほとんどなかったです。今回の「目からウロコ」は、帰郷の報告をします。

■ 遅延、遅延、遅延
 東京まではバスで行きました。時刻表通りに到着しました。新宿でデジカメとビデオカメラを買って、電車で空港へ行きます。電車も時刻表通りに到着しました。でも、そこからが大変なことだらけです。まず、飛行機の出発は遅延。ということは、乗り換え地シカゴに到着する時間も遅延。従って、シカゴでの乗り換え時間が縮まり、20分しかないことになります。無理な乗り換えですが、急いでやってみることにしました。がしかし、乗り換えの出発ターミナルに着いたら、なぜか係員がゆっくりとしています。次に私が乗り換える飛行機の出発も遅延しているようです。モントリオールの到着も従って……遅延。結局、カナダの税関だけうまく行きました。最悪の旅行の終了です。

■ クリスマスの時期
 12月23日にモントリオールの空港で、両親と久しぶりに会いました。予定より1日早く、姉の家族もみんな迎えに来てくれていました。かわいい姪と甥と会えてうれしかったです。12月24日、両親だけと夕食。そして25日の朝は姉の家族と両親と一緒に、クリスマスツリーの下にあるプレゼントを開けました。その夜には、父の両親と父のおばさんとおじさんとクリスマスの夕食。ターキーとスツーと伝統的な料理。次の日の昼間はのんびりして、夜に親友に会いました。

■ 友だちに会う:その1
 最初の週末はたくさんの友だちに会いたかったのですが、結局みんな予定がいっぱいで、会えた友だちは少なかったです。でも、その友だちの中で、特に一人といろいろ話しをして、会えてちょうどよかったと思います。日本の経験や将来についてなど、たくさん話をできました。その友だちと会えたことで、ケベック州のモットー「Je me souviens(私は覚えている)」の意味がもう一度分かりました。楽しい夜でしたが、一緒に行ったレストランは高すぎました。

■ 大晦日と新年
 おじさんのところに行きました。おいしい夕食を食べて、「バイバイ」という番組を観ながら新年を迎えました。「2014年、ボナネー!」、日本語の「明けましておめでとうございます」という意味の挨拶を言いました。

■ 友だちに会う:その2
 年明け後の週末は、うまく行きました。金曜日から日曜日まで、毎日友だちに会いました。金曜日は、エスペラント語の友だちと会う日でした。黒部で会った友だちともう一度会えて、楽しい夜を過ごすことができました。土曜日は、日本語講座の後輩と会う日でした。3人で都心で何時間か話をしました。日曜日は、待ちに待ったTRPG(テーブル・ロールプレイング)の友だちと会う日でした。一緒に映画「ホビット」の第2話を観に行って、ハンバーガーのレストランで夕食。私が選んだハンバーガーは、モントリオールで最大のハンバーガーでした。店員さんによると、発売から8人しか食べていないとのことでした。そのうち完食したのは4人だけだそうです。そしてその4人の中でも、最後まで普通に食べられたお客さんは一人しかいないそうです。誰でしょうか?

■ 最後に
 次の木曜日に飛行機に乗って、金曜日に日本に着きました。このときも飛行機はすべて遅延しました。東京で少し休んで、バスに乗って黒部に帰りました。これで旅行は終了。この旅行は家族と親戚と友だちと会えてとてもうれしかったですが、とても疲れました。そして最後に、読者の皆さん、今年もよろしくお願いします。

私の実家です。モントリオール近くの田舎の町にあります。私が来る前に雪が50cmも降り積もりました。この家の私の部屋は、黒部で住んでいるアパートより広いです。両親の部屋もとても広いです。写真には写っていませんが、車庫は全部で3軒あり、車は5台も停められます。家の中はいつも室温20度で快適です。

カナダのケベック州で一番有名な料理「poutine」。日本語では「プーティン」と言うそうですが、フランス語では「プツィン」と発音します。基本はフライドポテトにグレイビーソースと粒状のチーズカードをかけた料理です。写真のは、ハムとソーセージも入っています。

モントリオールで一番大きいハンバーガーです。ベーコンや牛挽肉など、肉の量は普通の20倍以上! チーズも入っていますが、板チョコまで入っています。右に写っている小さな瓶は、店が用意した胃薬です。気持ち悪くなったら飲むそうですが、私は普通に食べられたので、店に返しました。ハンバーガーの値段は4,500円でした!

12月25日朝の我が家の様子。このクリスマスツリーは私より背が高いです。ツリーの頭には、サンタさんが乗っています。ツリーの下のプレゼントは50個以上! この中には、私が日本から持ってきたプレゼントも入っています。この後、みんなでプレゼントを開き喜びました。

モントリオールの中心にある、世界で3番目に大きい教会「聖ジョセフ礼拝堂(Oratoire St-Joseph)」です。私が通っていた大学の近くにあります。怪我を癒す祈りをする教会です。奇跡で治った人がたくさんいると言われています。その人を治すための道具などが、教会の中に飾ってあります。

(2014年02月 COLARE TIMES 掲載)



「COLARE TIMES 編集室」へ ― 「ラレコ山への道」トップページへ ― ホームへ