Vol.55

2017年冬 スイス、スロベニア


 1月2日から始まったヨーロッパツアーは主にフランスを回ったのですが、中盤にスイスの2都市が入りました。フランスの公演地、クレルモン・フェランからバスで移動し、途中チーズで有名なグリュイエールを観光しました。山の上に城があり、その周辺がレストランや土産物屋となっています。城の敷地内に映画「エイリアン」のデザインで有名なH・R・ギーガーの美術館があり驚きました。彼は30年以上前に楽屋に訪ねてきたことがありました。3年前に亡くなったそうです。


 スイス最初の公演地は「Monthey」と書いて「モンテー」と言う、初めての町です。レマン湖のそばなので散歩を楽しみにしていたのですが、宿泊予定のホテルが風呂の水が溢れる事故があり、急遽山の中のホテルに変わり、送迎車が出ることになりました。とても小さな古い町で、スイスに住んでいる押川という知人が見に来てくれたのですが、「よくこんな小さな町に山海塾が公演できる劇場があるものだ」と感心していました。実際このクロシュタン劇場(Crochetan)は舞台の奥行きが足りないので、60cm短くしました。また図面からは判らなかったのですが、舞台天場のギャラリーが低く、間口も狭いため、背景パネルを吊る平トラスが入りきりません。急遽トラスを組み替えて単管パイプを継ぎ足し対応しました。1月28日、「MEGURI」公演。


 次の公演地は3回目となる「フリブール(Fribourg)」。ドイツ語圏ではフライブルグと発音し、よくある町の名前のようです。朝日町のようなものかな。3回目と言っても毎回劇場が違い、今回は新しい設備の整った、エキリーブル劇場(Equilibre)です。1,000人ほどの客席は1ヶ月前に売り切れたそうです。昨年の富山合宿にこの町から参加したアンヌが楽屋に遊びに来ました。劇場から5分ほどのところに住んでいるそうです。毎日のように雨が降っていたのですが、この時期雪ではなく雨なのは非常に珍しいと言っていました。1月31日、「MEGURI」公演。


 この後フランスのセルジー、カーンで公演し、イタリア公演が経済的理由で中止になったため、2週間公演がありません。私と松岡、百木はパリの倉庫で秋のヨーロッパツアーの準備を行い、その後イタリアのポンテデーラで5日間のワークショップを行いました。岩下はパリで単独行動。その他の人は一旦帰国し、2週間後の2月24日、パリ=シャルル・ド・ゴール空港で再会し、スロベニアに向かいました。


 スロベニアは2012年にマリボルで「TOBARI」を公演しているので2回目ですが、今回は首都「リュブリャナ」での公演です。ユーゴスラビアという国であった時代に私は舞台装置を積んだ車を運転して、ベオグラードからパリに帰る途中この町を通過しました。今回は5日間の滞在ですので、観光できます。町は石畳が綺麗で路面電車も走っています。丘の上の城から町が見渡せ、遠くの山々や川筋が遥かに見渡せます。中世の時代、ここから十字軍が通っていくのが見えたのだろうなと思いに耽りました。
 さて、劇場は巨大な複合施設の中にあるガルス・ホール(Gallus Hall)という所で、設備の整った3階席まである国立劇場です。舞台裏で鶏が飼われていて、時折鳴き声がします。芝居の小道具で必要なのでしょう。楽屋のある地下通路に鉄製の異様に頑丈な非常扉が設置してあるのですが、どうやら政治的に重要な施設が併設してあり、非常時にはシェルターとなるようです。2月27・28日、「MEGURI」公演。
 ツアー最終公演地でしたが、風邪を引いたのか本番前に38度5分の熱が出て舞台上で悪寒を感じるほどでした。


 パリ経由で日本に戻ったのですが、その後1ヶ月ほど微熱が続きました。初めての土地へ行くとかなりの確率で体の具合が悪くなるのですが、まだ免疫のない風土病にかかるのではないかと思っています。


写真上)
 山海塾が初めて訪れた、スイス南部の街「モンテー(Monthey)」。モンテーの面積は22.7平方km、人口17,573人。近郊にはウィンタースポーツの盛んなポルト・デュ・ソレイユがある。モンテーのクロシュタン劇場(Crochetan)にて、「MEGURI」を上演。

写真中)
 スイス北東にある街「フリブール(Fribourg)」。面積は9.32平方km、人口38,829人。工業のほかにチーズやチョコレートなどの食品産業も発展している。エキリーブル劇場(Equilibre)にて、「MEGURI」を上演。

写真下)
 首都リュブリャナ(Ljubljana)は、スロベニアが1991年に独立して以来、文化、教育、経済、政治、行政の中心地。ガルス・ホール(Gallus Hall)にて、「MEGURI」を上演。

(2017年10月 COLARE TIMES 掲載)


 


「COLARE TIMES 編集室」へ ― 「ラレコ山への道」トップページへ ― ホームへ