Vol.02

無事パリに戻る


2000年3月26日(金)
 午後4時半のフライトだが2時間前にはチェックインカウンターに居なければならないと言われ、昼過ぎホテルを出発しました。空港までプロダクションマネージャーがついてきて空港の保安係にいろいろ説明してくれましたが、結局何の効果 もなかったようで二人一組で荷物検査と質問を受けることになり、ここでパスポートに入国のスタンプが無い理由を問われ、5月にアラブ圏へ行く予定だという事に返答を統一しました。私たちの順番が来てアラブ圏のどの国に行くのかと聞いてきたのでちょっと躊躇しましたが正直にレバノンと答えました。まさに今、レバノン南部からのイスラエル軍撤退問題が持ち上がっており、その上日本赤軍国外退去、成田空港での4人の逮捕という事件があったばかりです。無事この検査を終え、チェックインしてマネージャーと別 れ通関審査に行くとまた出国のスタンプを押さないでくれと頼まなければならなかったのですが、今度はイスラエルに何しに来たのか、仕事ならば何故ワークビザがないのかということになり、私は日本の伝統的な舞踊のダンサーで彼は音楽家なのだ。この後アラブ圏に行く予定があり、ワークビザがパスポートに有ると入れないと言うし、アラブ側のワークビザもないんだよ。イスラエルはとてもいい国で沢山の人が見に来てくれた。とにこにこしながら言うと審査官たちも笑いながらパスポートを返してくれました。無事関門通 過です。私はにこにこするとえくぼが出来るのですが実は左右自在に作ることが出来るのです。そうするととても子供っぽい顔になるそうです。丸坊主ですので僧侶の振りをすることもあります。眉毛がないのでやくざの振りをすることもあります。便利なのですがある地方以外女性にはもてません。ともかく夜11時、パリのホテルに入ることが出来ました。明日はブラジル大使館です。
(2000年07月 COLARE TIMES 掲載)



「COLARE TIMES 編集室」へ ― 「ラレコ山への道」トップページへ ― ホームへ