【小野木豊昭 おのぎ・とよあき

 神奈川県出身。1990年に伝統芸能企画制作オフィス<古典空間>を設立。「伝統の単なる“再現”にどどまることなく、“明日の活力となり得る芸能”として現代に“再生”する」をコンセプトに、各種邦楽、話芸、日本舞踊などの伝統芸能を専門に、公共ホール自主事業公演の企画立案、学校公演や海外公演コーディネート、各種イベントの企画、制作、プロデュースを行う。メディア出演や大学講師、各種邦楽コンクール審査委員を務めるなど若い世代への伝統芸能の普及、さらに伝統文化による地域振興の支援などにも幅広く携わっている。船橋市文化芸術振興基本方針策定委員会委員、富山県・公共ホールネットワーク事業アドバイザー、東京都オリンピック文化プログラム検討部会専門委員などを歴任。現在、船橋市文化芸術ホール芸術アドバイザー、船橋市文化振興推進協議会推進委員、(公社)全国公立文化施設協会コーディネーター、共立女子大学文芸学部非常勤講師、他。
http://www.koten.co.jp/

#106 箏さまざま 
 #105 尺八で空気を変える!
#104 「三番叟」の祈り
#103 コロナ禍と伝統文化
#102 2020年も「いつも通り」
#101 伝統芸能……その担い手
#100 感謝とエール
#99 4月21日、いざ「明日の稚児舞」へ
#98 今まで通り
#97 “芸術の出前”アウトリーチ活動
#96 シャワーの如く
#95 「庵唄」の流れる里が紡いだ物語
#94 続けること……
#93 唸って語れば……義太夫節、そして文楽讃!
#92 祝! 横綱 稀勢の里
#91 病鉢巻と祈祷師
#90 『道成寺』を観て想う
#89 琵琶二題
#88 伝統文化と公共ホールの未来(その2)
#87 伝統文化と公共ホールの未来(その1)
#86 「とやまのたから2015」を見つめて
#85 “旅情”と引き替えに……
#84 「伝統芸能」二つの試み
#83 「笑う門には福来る」考
#82 1000年前の世界を歩く
#81 『源氏物語』出題!
#80 11月1日は何の日?
#79 今、どこから始める?
#78 ファシリテーター!?
#77 成田屋!(其の弐)
#76 成田屋!(其の壱)
#75 中村屋!
#74 「藤原敏行、三弦、アジア」2012年“秋”の三題噺
#73 世界一の電波塔
#72 三代目讃と四代目への期待
#71 春を待ちわびて
#70 『掛取萬歳』を聴く時節
#69 打てば響くゆえ
#68 松島や
#67 今、求められるカタチ
#66 今、想うこと
#65 奇跡の集団『弧の会』讃!
#64 文化事業再考……『渋谷KONNOHMARU伝説』
#63 秋風と共に……文化事業一考
#62 暑い夏、熱く踊る。
#61 梅雨入りに物想ふ 
#60 コラボレーション考
#59 心に降る雪
#58 島からのメッセージ
#57 唸って語れば
#56 酒 三題
#55 ベトナムの三味線……アジアはひとつ!
#54 ホーチミン35℃
#53 光陰矢の如し 今年もあと364日! 今年は鶴亀で
#52 邦楽器の晴れ舞台!
#51 砂漠の民に届けた島の心 
#50 光陰矢の如し……2007年を振り返る
#49 コラボレーション
#48 怨めしや〜 晴らさで おくべきか
#47 革命の星 URANUS(ウラナス)
#46 今も昔も、大波小波
#45 邦楽語源ことば
#44 「師走」に思う
#43 時の流れと人の世は……
#42 三弦の競演
#41 いと面白し、沖縄発 三弦三昧!
#40 あんみ通、
コラーレに見参!
#39 今、あらためて津軽三味線考!
#38 コラーレ、そして歌舞伎座……万感の思い
#37 新しい日本の音楽
#36 初夏三題
#35 花見と三味線……我流考察
#34 未来への潮流 Part.2
#33 未来への潮流 Part.1
#32 秋の夜長に
#31 夏、雑感。
#30 アメリカの桜
#29 「More1」ってオマジナイの呪文?
#28 もの想う秋
#27 暑くない夏と熱かったロシア公演
#26 うりずんの季節
#25 満開の桜の下……
#24 国際交流!
#23 ザ・忠臣蔵ナイト<2>
#22 ザ・忠臣蔵ナイト<1>
#21 島酒・島唄……そして「沖縄発 三弦三昧!」Part2
#20 島酒・島唄……そして「沖縄発 三弦三昧!」
#19 平成三味線三昧
#18 三味線、ヨーロッパを行く。
#17 春二題
#16 大学で伝統芸能?
#15 歌舞伎調祝辞 & 三味線NOW
#14 楽屋は楽しい?
#13 平成邦楽レボリューションと“風”
#12 山姥ギャルに見る日本の文化的将来についての一考察
#11 「東京の雪」と「想像力」
#10 小野木流・芸術の秋
#09 ちょっと気が早いけど、やっぱり忠臣蔵。
#08 僕の困った十八番……トチリ
#07 熱き思い
#06 三味線解体新書
#05 秋の夜長に、たまには真面目にひとり言。
#04 ひと夏のドキドキ!?
#03 人形浄瑠璃も狂言もいただきます!
#02 梅も咲いたし桜も咲いた、藤の花まで咲いちゃった。
#01 古典空間への誘い


「COLARE TIMES 編集室」へ ― 「ラレコ山への道」トップページへ ― ホームへ