黒部市国際文化センター コラーレ
〒938-0031 富山県黒部市三日市20番地
TEL. 0765-57-1201 FAX. 0765-57-1207 E-mail:info@colare.jp
【開館時間】日・月・火・木・金曜 9:00〜22:30/土曜 9:00〜23:00
【休館日】 水曜日(祝祭日は開館)/年末年始/9月第1月曜〜金曜


2019年7月13日(土) …… 「24時間ぶっとおしライヴ」に向けて
 今夜は夏のチャリティーイベント「24時間ぶっとおしライヴ」に向けて、「24時間ライヴ・オールスターズ」が猛特訓中。
 「24時間ぶっとおしライヴ」は、全国民放31局主催「愛は地球を救う・24時間テレビ」の趣旨に賛同し、同日同時刻に独自で開催するチャリティーイベントで、今年で第22回を迎えます。そして「24時間ライヴ・オールスターズ」は、富山県内アマチュア・ミュージシャンの有志によって結成する、ライヴのオリジナルバンドです。
 今年のオールスターズのメンバーは、総勢21名。それぞれが所属するバンドはバラバラ、居住地も年齢も仕事もバラバラ。このライヴのためだけに、1年に1回だけ結成しています。

 今年の「24時間ぶっとおしライヴ」は、「8月24日(土) 19:00から25日(日) 19:00まで」開催します。オールスターズが登場するのは、「ライヴの幕開け(8月24日土曜 19:00 - 19:45)」と「最後(8月25日日曜 18:10 - 19:00)」です。今年のライヴのテーマである「ひとりじゃない」をテーマに選曲した、洋楽7曲、邦楽7曲をお届けします。ぜひ聴きにきてください。

(新酒)

2019年7月13日(土) …… コラーレ・ラリー「相撲の決まり手」
 コラーレでは、「コラーレ・ラリー」夏バージョンがはじまりました。今回のテーマは、「相撲の決まり手」。
 相撲は日本の国技と言われ、1500年以上続く日本の伝統文化です。そして、勝負で勝ちが決まったときの技を「決まり手」と呼びます。現在、日本相撲協会が定めた決まり手は「82手」あり、他にも非技という「5手」があります。その中から、セロリとパセリが15の決まり手を紹介します。
 セロリとパセリというキャラクターが案内役として、決まり手を紹介します。コラーレの館内のどこかに貼ってあるカードを見つける「カード探しゲーム」です。時間制限はないので、ゆっくりとコラーレを散策しながら遊べます。
 大相撲夏場所で、富山県出身の「朝乃山」が見事に優勝! 三役に上がった経験がない力士の優勝は、58年ぶりの快挙。令和初代王者、さらに殊勲賞・敢闘賞も同時に受賞、そして「米国大統領杯」トランプ大統領から直接受け取る栄誉と、まさに喜びずくめ。今回のラリーは、大相撲で盛り上がる富山県にピッタリの内容です。
 ラリーは、9月1日まで開催しています。正解者の中から抽選で20名に、セロリとパセリのオリジナルグッズ(文房具など)をプレゼントします。参加無料、気軽にご参加ください。
(新酒)

2019年7月6日(土) …… はじめてのドキワク体験♪:キャラ弁
 小学生から大人を対象とした、舞台芸術や美術の体験教室「はじめてのドキワク体験♪」シリーズ。今回は「キャラ弁(キャラクター弁当)」作りを体験しました。
 講師として、日本キャラベニスト協会会員の山本ちろさんにお越しいただきました。包丁や型抜きを使って飾りを作ったり、おにぎりやパンの上に食材を乗せて顔を作ったり……結構細かくて難しい! でも苦労した分、完成したときの喜びはひとしおだったと思います。参加者全員のお弁当を並べると、どれも個性豊かで可愛かったです。

 次回の「はじめてのドキワク体験♪」は8月9日(金)、「マジック」に挑戦します。皆さんのご参加をお待ちしています!

(浦本)

2019年6月23日(日) …… はじめてのドキワク体験♪:食品サンプルアート
 舞台芸術や美術の体験教室「はじめてのドキワク体験♪」シリーズ。今回は、「食品サンプルアート」を体験しました。講師は、食品サンプルアート協会認定インストラクターの滝川真弓先生です。
 体験教室の募集をしたところ大人気で申込みが殺到し、急遽、追加講座を設け、1日3回講座となりました。1回目が「トースト・ボード」、2回目が「たこ焼きの鉛筆立て と カップパフェのメモクリップ」、そして3回目が「トースト・ボード」です。
 樹脂を型に流し込んで形を形成したり、色を塗ったり、トッピングパーツを盛ったりと大忙し。あっという間に時間が過ぎていきます。どの参加者もみんなとっても楽しそうに手を動かし、本物そっくりの作品が出来上がりました。

 次回の「はじめてのドキワク体験♪」は7月6日(土) 10:00 -、「キャラ弁」に挑戦します。 皆さんのご参加をお待ちしています!

(新酒)

2019年6月4日(火) …… 国際交流員リンジーさんといっしょにあそぼう!:英会話「海外旅について」
 黒部市の国際交流員・リンジーさんによる異文化体験教室。今回は、今回は「海外旅行」をテーマにした英会話でした。
 参加者の皆さんと一緒に、それぞれ行ったことのある国について話したり、旅行する際に必要な表現や注意する点を学びました。
 次回の異文化体験教室は、6月18日(火) 20:00から、英会話「LGBTQIA+ について」です。近年、広く認知されるようになったトピックスですが、今回は英会話に限らず、みんなでいろいろ話せる時間にしようと思います。ご参加をお待ちしております。
(松村)

2019年5月21日(火) …… 国際交流員リンジーさんといっしょにあそぼう!:アメリカで人気のあそびをしよう
 黒部市の国際交流員リンジーさんによる、子どもたちを対象とした国際交流イベント。今日は、アメリカの子どもたちに人気の4つのあそびを楽しみました。
 「Musical Chairs(イス取りゲーム)」「Duck Duck Goose(ハンカチ落としに少し似ているゲーム)」「Slow-Motion Tag(1歩ずつしか動けない鬼ごっこ)」「Freeze Tag(こおりおに)」どれもシンプルなルールながら、子どもたちは大はしゃぎでした。このような遊びは国も言葉も関係なく、同じように遊べるところが良いなと感じました。
 次回の「リンジーさんとあそぼう」は、6月11日(火) 16:15から「バルーン・ダート・アート(balloon dart art)」を体験します。皆さんのご参加をお待ちしています。
(松村)

2019年5月14日(火) …… リンジーさんの異文化体験教室:英会話「趣味について」
 黒部市の国際交流員・リンジーさんによる異文化体験教室。今回は「趣味」をテーマにした英会話でした。
 好きなことを紹介するための表現を学んだり、参加者の皆さんのお互いの趣味を紹介し合ったりしました。
 次回の異文化体験教室は、6月4日(火) 20:00から、英会話「旅行について」です。旅行に行く際に知っておきたい便利な表現などを一緒に学びましょう! ご参加をお待ちしております。
(松村)

2019年5月7日(火) …… 国際交流員リンジーさんといっしょにあそぼう!:「母の日」の工作をしよう
 黒部市の国際交流員リンジーさんによる、子どもたちを対象とした国際交流イベント。今回は「母の日」にちなんだ二つの工作をしました。
 ひとつは、メッセージカードです。折りたたむとハート型になる花を作り、真ん中にはお母さんへのメッセージを書きました。もうひとつは、spiral(らせん状)の紙を巻いてカーネーションの花束を作る、というものです。お母さんを思いながら工作している様子は、とても微笑ましいものでした。
(松村)

2019年4月23日(火) …… リンジーさんの異文化体験教室:体験「イースターエッグ作りと料理」
 黒部市の国際交流員・リンジーさんによる異文化体験教室。今回は、イースターにちなんだ体験を2つ行いました。
 まずはイースターでおなじみの「イースターエッグ作り」です。今回は「Tie-Dye」という方法で色をつけました。食紅やキッチンペーパーなどを使い、簡単でしかもオシャレな仕上がりとなりました! もうひとつは、「イースターにちなんだ料理」です。名前は「deviled egg」。復活を意味すると言われている卵料理で、アメリカでは特に人気のパーティーフードとのこと。
 食や遊びを通してイースターを体験でき、充実した1時間となりました。

 次回の異文化体験教室は、5月14日(火) 20:00から、英会話「趣味について」です。リンジーさんの趣味や好きなこと、また参加者の皆さんの趣味や休日の過ごし方などを、お互いに英語で紹介する回になればと考えています。皆様のご参加をお待ちしております!

(松村)

2019年3月19日(火) …… 国際交流員リンジーさんといっしょにあそぼう!:「聖パトリックの日」を祝おう
 黒部市の国際交流員リンジーさんによる、子どもたちを対象とした国際交流イベント。今回は「聖パトリックの日」がテーマです。
 「聖パトリックの日(St. Patrick’s Day)」は、アイルランドが発祥のお祝いです。アイルランドの国の色である「緑」や「三つ葉のクローバー」などがモチーフとなっています。アメリカでも、シカゴやニューヨークなどを中心に盛大に祝われています。
 聖パトリックの日の由来や、どんなお祝いをするかなどのお話をしたあと、
アイルランド伝承の妖精「レプラコーン(Leprecorn)」が虹のふもとに金貨を隠したという言い伝えをもとに、「Rainbow popcorn づくり」「Gold Hunt」のふたつの体験をしました。
 次回の「リンジーさんとあそぼう」は、4月16日(火) 16:15から「イースターを祝おう」です。イースターエッグ作り、エッグハントなどの遊びを通して、イースターを体験します。皆様の参加をお待ちしております!
(松村)

2019年3月12日(火) …… リンジーさんの異文化体験教室:クイズ体験「Jeopardy!」
 黒部市の国際交流員・リンジーさんによる異文化体験教室。今回のトピックスになっている「Jeopardy!(ジェパディ)」は、アメリカで長年続いているクイズ番組です。今回、リンジーさんが特別に作ってくれたコラーレ版 Jeopardy を参加者の皆さんに体験していただきました。
 Jeopardy は、出題の仕方にちょっとした特徴があります。問題が質問形式ではなく、「This is the Highest mountain in japan.(日本で一番高い山です)」と書かれており、回答者はその内容に合う質問になるよう、「What is Mt. Fuji?(富士山とはなんでしょうか?)」と答えます。何問かやっていくうちに参加者の皆さんも慣れてきて、英会話での質問の練習にもなりました。
 次回の異文化体験教室は、4月9日(火) 20:00から、英会話「エイプリル・フール(April Fool’s Day)について」です。皆さんの参加をお待ちしています。
(松村)

2019年3月5日(火) …… 国際交流員リンジーさんといっしょにあそぼう!:「マルディグラ」を祝おう
 黒部市の国際交流員リンジーさんによる、子どもたちを対象とした国際交流イベント。今回は、アメリカ南部やヨーロッパ各地で祝われているお祭り「マルディグラ(Mardi Gras)」にちなみ、マルディグラの仮面を作りました。

 緑、紫、金の3色を中心に、絵の具やポスターカラー、ラメ、羽根などを使って飾り付けました。日本ではなじみの少ないお祭りですので、知ってもらう良い機会となりました。

(松村)

2019年3月2日(土)・3日(日) …… コラーレ・ワールドフェスティバル「Earth Moving」
 3月2日と3日の2日間、ワールド・フェスティバル「Earth Moving」を開催しました。17回目となる今回は、芸術と歴史の国「イタリア」の文化を、「みる・きく・さわる・体験する」という切り口でご紹介。イタリアの音楽公演、映画上映をはじめ、カンツォーネ体験教室、講演会、食に関する教室、工芸教室などなど、盛りだくさんの内容をお届けしました。
 このフェスティバルは、ボランティアサポーターの実行委員で運営しています。10月に実行委員会を立ち上げ、毎週のように会議や準備を重ね、そして当日は裏方としてお客様をお迎えしました。
 イタリアは世界遺産の宝庫、世界中の文化財の40%がイタリアにあると言われています。芸術、文化、観光、食、ショッピングなど、魅力満載で、陽気にホスピタリティあふれる人々が迎えてくれる国です。
 今回のフェスティバルを通して、観光では見られないイタリアの顔を再確認、または新たな魅力を再発見してもらえたならばうれしいです。そして、イタリアの元気がみなさんの元気になりますように。
 今回で17回が終わりました。1回目にまずは日本を紹介し、その後、西へ西へ、中国、タイ、インド、ロシア、スペイン、アフリカ大陸、ブラジル、アメリカ、オーストラリアと、10年をかけて世界を1周しました。そして、2回目となる世界一周として、韓国、ベトナム、インドネシア、ネパール、トルコ、アフリカときて、そして今年はイタリアを巡りました。さて来年はどの国をご紹介しましょうか。
 ご来場いただいた皆さん、出演者や講師の皆さん、実行委員の皆さん、どうもありがとうございました。また次回、お会いしましょう!
(新酒)

   

2019年2月26日(火) …… リンジーさんの異文化体験教室:英会話と体験「マルディグラについて」
 黒部市の国際交流員・リンジーさんによる異文化体験教室。今回は、「マルディグラ(Mardi Gras)」についてです。
 マルディグラ(Mardi Gras)とは、アメリカ南部やヨーロッパ各地で祝われているお祭りです。元はキリスト教に由来するものですが、今ではパレードや音楽が中心のお祭りになっているようで、特にニューオーリンズのものが有名とのことです。
 今年は3月5日がマルディグラにあたることにちなみ、前半はマルディグラについてのお話を聞き、後半は参加者みんなでマルディグラの仮面を作りました。
(松村)

2019年2月19日(火) …… 国際交流員リンジーさんといっしょにあそぼう!:室内スポーツ
 黒部市の国際交流員リンジーさんによる、子どもたちを対象とした国際交流イベント。
 今回は「雪あそび」の予定でしたが、雪がない影響で、「室内スポーツ」に変更となりました。リンジーさんと一緒に、サッカーやバレーボールなどで楽しみました。
(松村)

2019年2月17日(日) …… コラーレ・ワールドフェスティバル「Earth Moving」
 3月2日・3日と2日間に開催する、ワールド・フェスティバル「Earth Moving」に先駆けて、コラーレの展示室では「ウンチク展」をはじめました。今回のフェスティバルでご紹介するのは、芸術と歴史の国「イタリア」。展示室では、イタリアの歴史や文化などを、文字や写真で紹介しています。歴史、自然、都市、文化、そして人、イタリアはどれもすべて魅力にあふれています。
 3月のフェスティバルでは、イタリア音楽公演、映画上映をはじめ、歌の体験教室、食に関する教室、講演会、工芸教室などなど、盛りだくさんの2日間をお届けします。イタリアをもっともっと身近に感じてください。
(新酒)

2019年2月12日(火) …… リンジーさんの異文化体験教室:体験「バレンタインのお菓子づくり」
 黒部市の国際交流員・リンジーさんによる異文化体験教室。今回はバレンタインデーのお菓子づくりです。キャンディーのような形のチョコレートのお菓子(Cake Pop)と、ココナッツのお菓子を作りました。
 1時間という限られた時間でしたので、生地はリンジーさんに事前に作ってもらい、成形や飾り付けを参加者の皆さんで体験しました。カラフルなお菓子が完成し、たくさんお持ち帰りしてもらいましたよ!レシピも参加者の皆さんにお配りしたので、ぜひご自宅でも作っていただきたいと思います。

 次回の異文化体験教室は、2月26日(火) 20:00から、英会話と体験「マルディグラ(Mardi Gras)について」です。マルディグラはアメリカ南部を中心に祝われている祝賀で、特にニューオーリンズのものが有名とのことです。どんなお祝いなのかを学びながら、簡単な体験も予定しています。皆様のご参加を、お待ちしております!

(松村)

2019年2月11日(月祝) …… 映画の森「アニーよ銃をとれ」「汚名」「ナイアガラ」
 大画面・大音響で映画を楽しもう! という思いを込めて、定期的に開催している「映画の森」。今回は、懐かしの洋画3本を2日間にかけて上映しました。
 まずは、1950年度色彩音楽映画の代表作「アニーよ銃をとれ」。アーヴィン・バーリンの名曲に乗せて痛快な物語が展開するミュージカルの傑作です。それから、1946年の映画「汚名」。ヒッチコックならではのアイディアと華麗なテクニックが詰め込まれた傑作娯楽サスペンスです。そして、ナイアガラの滝とマリリン・モンローの魅力満載の1953年の映画「ナイアガラ」。モンローを神話的スターの域に至らしめた、ヘンリー・ハサウェイ監督のサスペンス映画です。
 70年近く前に作られた映画ですが、今でも愛されている作品ばかりです。お越しになった方の中には、若いお客様もいらっしゃいました。「やっぱりおもしろいね」「何回観てもよいね」と声を掛けてくださるお客様もいらっしゃいました。
 さてコラーレでは、今後も皆さまに素敵な映画をお届けします。3月2日と3日には「イタリア映画特集」を開催します。今後も引き続き、お楽しみに!
(新酒)

2019年2月5日(火) …… 国際交流員リンジーさんといっしょにあそぼう!:バレンタインのお菓子づくりをしよう
 黒部市の国際交流員リンジーさんによる、子どもたちを対象とした国際交流イベント。今回は、2月14日のバレンタインデーにちなんだ内容でした。
 まずはマシュマロを使った2種類のお菓子(チョコマシュマロとS’mores)を作ります。チョコレートをまぶしたり、飾りつけしたり、火でマシュマロをあぶったりなど、たくさんの体験をしてみました。
 また、メッセージカードも作りました。ハート形のカードにメッセージを書き、折りたたむと便せん型になる仕掛けです。渡す相手のことを考えながら一生懸命に作っている様子は、とても微笑ましいものでした。

 次回の「リンジーさんとあそぼう」は、2月19日(火) 16:15から「雪あそびをしよう」、そして、3月5日(火) 16:15から「マルディグラを祝おう」をします。たくさんのお越しをお待ちしております!

(松村)

2019年1月20日(日) …… コラーレ・キーボードオーケストラ 19th コンサート
 キーボードオーケストラは、コラーレ専属楽団として平成7年7月に誕生して以来、積極的な演奏活動を続けております。今回19回目となる定期コンサートには、小中学生のCグループと社会人のOグループから計16名が出演しました。司会はお馴染みの下澤弥生さんです。
 2部構成のプログラムは耳馴染みの曲が多く、Cグループは星野源さんの「ドラえもん」、「情熱大陸」などポピュラーな曲を中心に、Oグループは安室奈美恵さんの「Hero」、「マイ・フェイバリット・シングス」など多彩なジャンルの曲を演奏しました。メンバーの本番にかける集中力、そして緊張と笑顔が入り交じった表情を舞台袖で見ていると、担当の私としては何とも言えず感慨深く、込み上げるものがありました。
 2部の後半では、スペシャルゲストである二胡奏者の張鶴さんに登場いただき、コンサートに華を添えて頂きました。感情のこもった二胡の音色、素晴らしい音楽性、誠実なお人柄に、虜になったお客様も多いことでしょう。メンバーとも公私ともに交流を深めています。また是非ご一緒できれば嬉しいです!

 次回はいよいよ20回目、節目のコンサートとなります。これまで長年グループを続けてこられた多くの皆さんの思いと歴史の重みを感じながら、これから先の新しい未来を紡いでいけるよう、活動をサポートしていきたいと思います。

(松村)

2019年1月6日(日) …… 映画の森「ワンダー 君は太陽」
 大画面・大音響で映画を楽しもう! という思いを込めて、定期的に開催している「映画の森」。新年早々に上映したのは、スティーヴン・チョボスキー監督作品「ワンダー 君は太陽」です。
 顔に障害を抱え、27回も手術を受けている10歳の少年、オギー。一度も学校へ通わず、ずっと自宅学習を続けてきましたが、母のイザベルは心配する夫の反対を押し切り、5年生の新学期から学校に通わせることを決意します。しかし案の定、学校ではイジメに遭い、孤立してしまうオギーでしたが……。
 世界中をしあわせの涙に包んで、興収320億円超えの大ヒット作です。オギーの勇気と優しさが、観客の皆さんにもきっと伝わったことでしょう。お帰りのお客様からは「いい映画だった」「涙が出た」という声をたくさんいただきました。
 さてコラーレでは、今後も皆さまに素敵な映画をお届けします。2月10日と11日には「懐かしの洋画特集」、そして3月2日と3日には「イタリア映画特集」を開催します。今後も引き続き、お楽しみに!
(新酒)

2019年1月4日(金) …… 新年のご挨拶
 謹んで新春のお慶びを申し上げます。
 旧年中はコラーレのご利用はもとよりコラーレ主催イベントへのご参加、コラーレ倶楽部ご入会など、コラーレにお運びいただき誠にありがとうございました。心より感謝申し上げますとともに、本年も変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
 今年は平成最後の年で、新元号では元年となる記念すべき年を迎えることになります。昭和生まれの皆様におかれましては人生2回目の新元号となり、大正生まれの皆様には当然3回目の新元号となるわけです。漢字二文字から成る元号にこれからの時代を託す国民性と西暦の他にその国固有の元号を持つ国は日本以外にはないという事実について、世界はどう見ているのでしょうか。日本独自の文化の形成に大きな影響を持ってきたのではないでしょうか。大変関心のあるところです。
 さて、コラーレの大きな使命は、一つでも多くの芸術と一人でも多くのお客様との出会いを創出することです。素晴らしい舞台や作品を観終わったお客様とは、いつもお互いに温かい感謝の気持ちが循環します。私たち職員の最高の瞬間と言えます。お客様の幸せが共有でき、自分たちの幸せと感じることができる職場に、心から感謝したい思いで一杯です。
 人を笑顔にさせたり素直にさせたり感謝の気持ちで一杯にさせたりする計り知れない力が、本物の芸術には確かにあります。言葉を超えた力を発揮することも多々あります。芸術の力を受け入れる人々が多く住む地域は平和です。芸術は世界の平和に必ずや貢献します。今年も黒部市のコラーレから一つひとつ発信し続けたいと思います。
 2019年も市民の代表である15名の運営委員の皆様にお力添えをいただきながら、お客様の心に響く自主イベントを企画しています。皆様の「出会いと感動=明日への希望」に関わることのできる喜びを噛みしめながら、一日一日の仕事に励みたいと思います。どうか本年もよろしくお願い申し上げます。
(コラーレ事務局長 鮫沢祐二)

2018年12月28日(土)
 今年も残すところわずかとなりました。コラーレでは、すでに新年を迎える準備が終わりましたよ。
 12月25日、門松づくりをしました。コラーレの正面玄関に飾る新年の門松は毎年、ボランティアグループ「卑弥呼くろべ」と市内の造園業者が造ってくださっています。寒空の下、40分ほどで、立派な門松ができました。みなさん、毎年ありがとうございます。心を込めてつくってくださった門松です。来年もコラーレに福が訪れること、間違いなしです。
 今日が今年最後のコラーレの開館日です。今年もたくさんの方々が、コラーレを可愛がってくださいました。来館してくださった方々、観覧してくださった方々、参加してくださった方々……コラーレに関わってくださったすべての方々に感謝を申し上げます。本当にありがとうございます。

 来年は1月4日から開館します。2019年も皆さまとコラーレでお会いできるのを楽しみにしています。よいお年をお迎えください。

(新酒)

2018年12月16日(日) …… 映画の森「モリのいる場所」
 大画面・大音響で映画を楽しもう! という思いを込めて、定期的に開催している「映画の森」。今回上映したのは、沖田修一監督、山崎努さんと樹木希林さん出演の「モリのいる場所」。
 2017年に没後40年を迎え、再び注目を集める伝説の画家・熊谷守一さん(モリ)とその妻・秀子さん。モリの晩年のある1日をユーモラスなタッチで綴っています。
 実在した画家・熊谷守一さんにはたくさんのエピソードが残っています。晩年の数十年は東京都豊島区の自宅からほとんど外出せず、30坪もない広さの庭を自然観察をしながら、毎日数時間かけて巡ったとか。ある展覧会で、熊谷さんの作品を目にした昭和天皇が「これは何歳の子が描いたのか?」と質問なさったとか。文化人としては最高の栄誉とも言える文化勲章や勲三等叙勲を辞退したとか……。孤高の画家だったようです。
 妻・秀子さんを演じた樹木さんは、今年9月15日、75歳で逝去されました。とても素敵な女優さんで、まだまだご活躍していただきたかったです。残念でなりません。
 山崎さんと樹木さんが演じるモリのご夫婦からは、とても深い愛情を感じました。映画を見終わった後は、心がほっこりしました。
 さてコラーレでは、今後も皆さまに素敵な映画をお届けします。年が明けて1月は「ワンダー 君は太陽」、2月10日と11日には「懐かしの洋画特集」、そして3月2日と3日には「イタリア映画特集」を開催します。今後も引き続き、お楽しみに!
(新酒)

2018年12月16日(日) …… はじめてのドキワク体験♪(外国人対象:ハンコづくりと書道を体験しよう)
 はじめてのドキワク体験♪(外国人対象:ハンコづくりと書道を体験しよう)
 舞台芸術や美術の体験教室「はじめてのドキワク体験♪」シリーズ。今回は特別編として、近隣在住の外国人の方々を対象に、日本の「ハンコづくりと書道」の体験教室を開催しました。
 黒部市国際交流員を中心としたCIRやALTが5名、そして「日本語教室 in 黒部」に通っていらっしゃる外国人の方々が11名、合計16名に参加していただきました。アメリカ、カナダ、中国、台湾、インドネシア、ベトナム、パラグアイと、いろいろな国籍の皆さんが集まりました。
 講師の黒田文雄先生に教えてもらいながら、まずは石に名前を彫る「篆刻」、次に筆で好きな漢字を書く「書」を体験しました。そして最後は、心を落ち着けて、色紙に清書をし落款しました。……さて、皆さん、満足のゆく出来となったでしょうか!? せっかく日本に滞在してらっしゃるのだから、ぜひ日本の文化をどんどん体験していただきたいと思います。
 出来上がった作品は、1月20日まで、コラーレのエントランスに展示することにしました。ご来館の際には、参加者の力作をお楽しみください。
 

 さて、「はじめてのドキワク体験♪」シリーズ、次は12月24日(月祝) 13:00から、映画や時代劇のようなカッコいい「殺陣」の体験を予定しています。小学生から大人までご参加いただけます。皆さんのご参加をお待ちしております。

(新酒)

2018年12月4日(火) …… リンジーさんの異文化体験教室:英会話「ソーシャルメディアについて」
 黒部市の国際交流員・リンジーさんによる異文化体験教室。今回の異文化体験教室は、ソーシャルメディアについての英会話でした。日本語・英語を交えながら、お互いの意見を交換できる機会となりました。
 2018年の異文化体験教室はこれで終わりです。たくさんのご参加、ありがとうございました。次は年明け1月からまた再開いたしますので、ぜひともお越しください。お待ちしております。
(松村)

2018年12月1日(土) …… LIVE SPOT in COLARE:シンガー英樹「東日本大震災被災地応援コンサート」
 アマチュアバンドの活動を支援する企画「LIVE SPOT in COLARE」。今回は県内外で幅広く活躍中のシンガー英樹さんのライヴを開催しました。当日は170名を超えるお客様がお越しになり、会場のマルチホールは満席です。
 暗転の中、松谷康晴さんの曲が流れ、いよいよライヴスタートです。熱烈なファンも多くいらっしゃるシンガー英樹さんのステージを、たっぷりと堪能していただきました。
 ライヴの序盤では、ボーカル・シンガー英樹さんのお弟子さん、イケメン小学生のシンガーたくま君が登場、ゆずの曲をシンガー英樹さんとのデュオで聴かせてくれました。
 またスペシャルゲストとして、女性ボーカルグループ、gravaの皆さんが来てくれました。3人それぞれ違った魅力のある歌声と抜群のステージパフォーマンスで、グッとお客様を虜にしていかれました。
 歌と軽妙なトークに加え、途中には東北の被災地を訪れた際の写真を交えてお話されたこともあり、楽しいライヴの中にもハッと考えさせられる瞬間がありました。

 今回のライヴでは出演者の皆さんのご意向により、お客様から頂戴した入場料を、経費を除き全額募金されました。日本赤十字社を通じて、総額220,642円が東日本大震災の被災地へ届けられましたので、ここにご報告いたします。
 今後もコラーレはアマチュアバンドの皆さんの活動を応援していきます。「LIVE SPOT in COLARE」に奮ってご応募ください! あなたもコラーレでライヴ、してみませんか?

(松村)

2018年12月1日(土) …… コラーレ・ラリー「ことわざ(生き物編)」
 例年より温かいとは言え、すっかり冬の装いとなりました。
 コラーレでは、「コラーレ・ラリー」冬バージョンがはじまりました。セロリとパセリというキャラクターが案内役として、「ことわざ」を紹介します。コラーレの館内のどこかに貼ってあるカードを見つける「カード探しゲーム」です。時間制限はないので、ゆっくりとコラーレを散策しながら遊べます。
 日本には、昔から伝えられてきた「ことわざ」がたくさんあります。ことわざには、教訓や知識も含まれていて、おもしろいものがいっぱい。その中でも、動物など生き物の名前が入っている「ことわざ」を集めました。
 ラリーは、2月3日まで開催しています。正解者の中から抽選で20名に、セロリとパセリのオリジナルグッズ(文房具など)をプレゼントします。参加無料、気軽にご参加ください。
(新酒)

2018年11月25日(日) …… 映画の森「ハイジ アルプスの物語」
 大画面・大音響で映画を楽しもう! という思いを込めて、定期的に開催している「映画の森」。今回上映したのは、不朽の名作「ハイジ」の実写映画「ハイジ アルプスの物語」。
 ハイジは、アルプスの山の大自然に囲まれ、ガンコだけれど優しい祖父と楽しく暮らしていました。ところがある日、都会で暮らす大富豪のお嬢様クララの話し相手として連れて行かれます。ハイジは日に日に祖父の待つアルプスの山が恋しくなり……。
 児童書で、アニメで、日本人が愛した「ハイジ」が実写映画になって、生き生きと私たちの目の前に現れました。
 さてコラーレでは、今後も皆さまに素敵な映画をお届けします。12月は「モリのいる場所」、1月は「ワンダー 君は太陽」、そして2月10日と11日には「懐かしの洋画特集」を開催します。引き続き、お楽しみに!
(新酒)

2018年11月22日(木) …… クリスマス・ツリー
 今日からコラーレで、クリスマス・ツリーを設置しました。今年のツリーは、ボンボンがいっぱいぶらさがっていますよ。
 コラーレにお越しの際には、このツリーでクリスマス気分を味わってくださいね。
(新酒)

2018年11月20日(火) …… 国際交流員リンジーさんといっしょにあそぼう!:「感謝祭」の工作とゲームをしよう
 黒部市の国際交流員リンジーさんによる、子どもたちを対象とした国際交流イベント。今回は、アメリカ等の国では祝日となっている、11月第4木曜の「感謝祭(Thanksgiving Day)」にちなみ、3つの活動をしました。
 まずは「Handprint Turkey」です。絵の具を手に塗り、自分の手形を用いて七面鳥の絵を作りました。つづいては「Leaf Wreath」。秋の葉っぱの形の画用紙に、自分が感謝している人、好きなものなどをたくさん書き、それをリースにしました。お父さん、お母さん、兄弟、家族、友達、おもちゃ、ペットなど、日頃の感謝にあふれた素敵なリース飾りになりました。最後には、感謝祭で使われる単語を使った「Thanksgiving BINGO!」です。絵を見ながら、多くの英単語に触れることができました。日本では感謝祭はあまりなじみがないかもしれませんが、遊びを通してどんなお祝いか感じてもらえたかと思います。
 次回の「リンジーさんとあそぼう」は、12月18日(火) 16:15から、クリスマスパーティーをします。今年最後の回となります。たくさんのお越しをお待ちしております!
(松村)

2018年11月13日(火) …… リンジーさんの異文化体験教室:英会話「死者の日の祭り」
 黒部市の国際交流員・リンジーさんによる異文化体験教室。今回は、メキシコなどでよく祝われる「El Dia de los Muertos(死者の日)」というお祭りにちなみ、英語によるプレゼンテーションと、「CALAVERA」というガイコツの絵付けを体験しました。都合により、多少内容を変更しての開催となりましたが、日本にはあまり馴染みのない文化を感じる機会になったかと思います。
 次回の異文化体験教室は、12月4日(火) 20:00から、英会話「ソーシャルメディアについて」です。Twitter、Facbook、Youtubeなど、日頃私たちが利用しているソーシャルメディアについて参加者の皆さんと意見を交わしたり、日本とアメリカの違いなどについてお話できればと思います。今年最後の回となりますので、皆様ふるってご参加くださいませ。
(松村)

2018年11月6日(火) …… 国際交流員リンジーさんといっしょにあそぼう!:「死者の日の祭り」の工作をしよう
 黒部市の国際交流員リンジーさんの住んでいらっしゃったテキサス州では、メキシコなどでよく祝われる「El Dia de los Muertos(死者の日)」というお祭りがあるそうです。10月31日 - 11月2日の間、亡くなった自分の先祖が、仮装をして現世に戻ってくる日として、盛大にお祝いします。日本でいうところの「お盆」のような意味合いですが、にぎやかで明るいお祭りのようです。最近ではディズニーアニメの「リメンバー・ミー」が、この死者の日をテーマにしていますので、どんな雰囲気かイメージがつく方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 リンジーさんによる子どもたちを対象とした国際交流イベント、今回はそのお祭りにちなみ、「CALAVERA」というガイコツの絵付けを体験しました。色鉛筆、マーカー、ラメ入りのグルーなどを使い、それぞれ好きな色でカラフルなガイコツに仕上げています。また、このお祭りでよく食べられる「Pan de Muerto(死者のパン)」という甘いパンをリンジーさんに作ってもらい、みんなで美味しく頂きました。
 次回の「リンジーさんとあそぼう」は、11月20日(火) 16:15から、感謝祭(Thanksgiving day)の工作とゲームです。七面鳥(turkey)を象った飾り作りなどを予定しています。皆さんのご参加をお待ちしています!
(松村)

2018年11月4日(日) …… はじめてのドキワク体験♪:日本の伝統楽器「三味線」を弾こう
 小学生から大人を対象とした、舞台芸術や美術の体験教室「はじめてのドキワク体験♪」シリーズ。今回は、しゃみせん楽家主宰の濱谷拓也さんにお越しいただき、三味線を体験しました。
 なかなか触れる機会の少ない三味線ということで、応募の段階でたくさんの方に興味を持っていただいたようです。
 1時間という限られた時間の中で、コードを弾いてみたりメロディーに挑戦したりと、バリエーションに富んだ内容で楽しく体験できました。これをきっかけに、三味線の演奏に興味を持ったり、習ってみよう! と思う方がいらっしゃったら嬉しいです。

 来月12月には、殺陣のワークショップを予定しています。皆さんのご参加をお待ちしています。

(松村)

2018年10月30日(火) …… リンジーさんの異文化体験教室:体験「大人向けハロウィンパーティー」
リンジーさんの異文化体験教室:体験「大人向けハロウィンパーティー」
 黒部市の国際交流員・リンジーさんによる異文化体験教室。今回の異文化体験教室は、大人向けハロウィンパーティーです。
 ハロウィンといえば「お菓子」と「おばけ」ということで、お菓子を使いハロウィンをテーマにしたジオラマ作りをしました。ジンジャーブレッドクッキーで形をつくり、いちごジャム、チョコレート、ハロウィンカラーのアイシングなど、様々な種類のお菓子を駆使して、お皿の上に飾り付けます。1等賞に選ばれた方には、リンジーさんからのプレゼントもありました。皆さん、ハロウィンの気分を味わって頂けたでしょうか?

 さて、次回の異文化体験教室は、11月13日(火) 20:00から、「El Dia de los Muertos(死者の日の祭り)」というお祭りを紹介します。英会話とパン作りを行う予定です。皆様のご参加をお待ちしております!

(松村)

2018年10月21日(日) …… 映画の森「嘘八百」
 大画面・大音響で映画を楽しもう! という思いを込めて、定期的に開催している「映画の森」。今回上映したのは、中井貴一さんと佐々木蔵之介さんW主演の映画「嘘八百」。
 大阪・堺。空振りばかりな目利きの古物商・小池則夫は、腕は良いのに落ちぶれた陶芸家・野田佐輔と出会います。大御所鑑定士に一杯食わされた二人は、仕返しのため「幻の利休の茶器」を仕立て上げて一攫千金を狙うことに……。
 狐と狸の化かし合い!? 何がホントで何がウソか!? 冴えない骨董コンビが仕掛けたもくろみは、果たしてどうなったのでしょうか!?
 さてコラーレでは、今後も皆さまに素敵な映画をお届けします。11月は「ハイジ アルプスの物語」、12月は「モリのいる場所」、1月は「ワンダー 君は太陽」、そして2月10日と11日には「懐かしの洋画特集」を開催します。引き続き、お楽しみに!
(新酒)

2018年10月20日(土) …… 国際交流員リンジーさんといっしょにあそぼう!:ハロウィンパーティーをしよう
 黒部市の国際交流員リンジーさんによる、子どもたちを対象とした国際交流イベント。今回は特別版として、ハロウィンパーティーを開催しました。毎年この時期に開催しており、子供たちに大人気の企画です。当日は約40人の子供たちが参加してくれました。
 本場アメリカでは、子供たちが自分の町の家々を回り、「Trick or Treat?(お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ)」と声をかけながらお菓子をもらっていくそうですが、今回のパーティーでは、コラーレ内のいろんな部屋を回りながら「Trick or Treat?」をしたり、ゲームをしてお菓子を集めていくという、ツアー形式で開催しました。

 また、当日はたくさんのALTの先生やCIRの皆さんがボランティアで参加してくれました。パーティーが終わった後もボランティアの皆さんと楽しそうにふれあう子どもたちの姿を見て、とても嬉しく思いました。ご協力いただき、本当にありがとうございました! ぜひ10月31日は、お家でもハロウィンを祝ってみてくださいね!
 次回の「リンジーさんとあそぼう」は、11月6日(火) 16:15から、「死者の日の祭り(El Dia de los Muertos)の工作をしよう」です。タイトルは何だか怖いですが、日本でいうところの「お盆」のような位置づけのお祭りです。映画「リメンバー・ミー」は、この死者の日がテーマになっています。ガイコツをモチーフとしたかざり作りをします。ぜひ皆さまご参加ください!

(松村)

2018年10月16日(火) …… リンジーさんの異文化体験教室:英会話「ハロウィンにまつわる英会話」
 黒部市の国際交流員・リンジーさんによる異文化体験教室。今回の異文化体験教室は、10月31日のハロウィンにちなみ、「恐怖」などをテーマにした英会話を行いました。
 自分が苦手なこと、怖いと思うことやそれにまつわるエピソードなどを英語で話したり、日本とアメリカの「怖いと思うものランキング」を見て、その違いについて話しました。
 次回の異文化体験教室は、10月30日(火) 20:00から、「大人向けハロウィンパーティー」です。お菓子を使ってハロウィンのジオラマを作ります。一番怖いジオラマを作った方には、リンジーさんからのプレゼントがあるかも!? ぜひ皆さんのご参加をお待ちしております。材料の準備の関係上、事前予約が必要ですので、参加希望の方はコラーレまでご連絡ください。
(松村)

2018年10月14日(日) …… ドレミの会 第17回 ティータイム・コンサート
 コラーレ・アクティブグループ「ドレミの会」の秋のティータイム・コンサートが開催されました。毎年、芸術の秋にふさわしいこの時期に開催しており、今年で17回目を迎えます。
 コラーレ・アクティブグループは、コラーレ倶楽部会員のメンバーの中で「何かを表現したい」方が集うサークル活動のです。現在は10グループほどが定期的に活動をしており、その中の一つがピアノ好きな方が集まる「ドレミの会」です。今回のコンサートでは8名の方がコンサートに出演されました。
 当日は秋のイベントが多い日にも関わらず、過去に例のないほどの満席のお客様にお越し頂き、会場が大変にぎわいました。
 メンバーそれぞれが好きな曲や思い入れの曲を2曲ずつ演奏しました。演奏中に曲のイメージに合わせた映像を流したり、ピアノとオカリナのデュオがあったりなど、趣向を凝らしたプログラムで楽しませてくれます。最後は「ふるさと」を会場の皆さんと共に歌い、とても和やかな雰囲気のコンサートでした。

 ドレミの会は毎月2回程度、コラーレのリハーサル室でピアノを囲み、おしゃべりしたりお菓子を頂きながら、好きな曲を練習しています。ぜひ一緒にピアノを楽しみましょう!
 また、アクティブグループに興味がある方、新しく何かを始めてみたい方、気軽にコラーレまでご相談ください。 >>
詳細

(松村)

2018年10月9日(火) …… 国際交流員リンジーさんといっしょにあそぼう!:ハロウィンのかざりをつくろう
 「国際交流員とあそぼう」は、小学生を対象とした国際交流イベントです。黒部市国際交流員の協力のもと、あそびや工作を通して異文化に触れてもらう機会を創出しています。
 今回は、8月より新たに黒部市の国際交流員として就任された「リンジー・ヘンダーソンさん」による、「リンジーさんといっしょにあそぼう!」の1回目です。10月31日のハロウィンにちなんだ、かざり作りをしました。
 「Spider web(くもの巣)」「Lollipop Ghost(キャンディーのおばけ)」、オレンジ色のカップを使った「Jack-o’-lantern(ジャック・オー・ランタン)」などをみんなで一緒に作りました。ぜひお家で飾ってもらえればと思います。
 次回の「リンジーさんとあそぼう」は10月20日(土)、「ハロウィンパーティーをしよう」です。こちらは定員に達しており、受付を終了しております。何卒ご了承くださいませ。
(松村)

2018年10月7日(日) …… はじめてのドキワク体験♪:デジカメで「お花」をきれいに撮ろう
 小学生から大人を対象とした、舞台芸術や美術の体験教室「はじめてのドキワク体験♪」シリーズ。今回は、写真家・柳原良平さんを講師に迎え、「デジカメ」を体験しました。
 カメラには様々な機能があるにも関わらず、活用しているのはほんの一部ではないでしょうか。柳原さんが丁寧に、しぼり、シャッタースピード、ホワイトバランスのことなどを教えてくださいました。一通り設定を学んだ後は、参加者それぞれがアングルなども考えながら、お花を撮影し、その写真を柳原さんに講評してもらいました。
 普段デジカメは、オート設定で撮ることがほとんどですが、設定を変えるだけで撮影がもっと楽しくなります。短い時間でしたが、カメラのおもしろさがわかりました。
 今後も様々な体験教室をご用意しています。皆さんのご参加をお待ちしています。
(新酒)

2018年10月4日(木) …… 平成30年 北海道胆振東部地震 復興応援ライヴ
 9月6日に発生した、北海道胆振地方を震源とした大規模な地震。コラーレとして何か応援したい、という思いから、緊急チャリティーライヴを開催しました。
 ライヴ開催の話が上がってから本番まで、3週間ほどの短い準備時間の中、ライヴの主旨に賛同したグループの皆さんが集まってくれましたこのライヴでは、出演者や募金受付などのスタッフなどは、すべてボランティアで行っております。
 災害で亡くなられた方への黙祷の後、4組の素敵な演奏を楽しました。長時間のライヴでしたが、音楽を楽しみながら、北海道の皆さんを応援できる機会になったと思います。合わせて、地震災害をテーマにしたトークを行いました。被災された方々に思いを馳せながら、もし自分の地域で災害が起こったら……など、改めて考えさせられました。
 以下、ライヴのご報告です。
パーソナリティー:シンガー英樹
出演者:シンガー英樹、NoA、滝沢卓、河合良、Noriko
トークセッション:黒部市総務課 防災危機管理班

 この度のライヴでお寄せいただいた募金は、合わせて「96,337円」となりました。
こちらはすべて富山県共同募金会を通じて、被災者に届けます。本当にありがとうございました!
(松村)

2018年10月4日(木) …… ハロウィン・フォトスポット
 10月の楽しいイベントといえば、ハロウィン!
 コラーレのエントランスに、ハロウィンのフォトスポットが出現しました。仮装グッズも用意してありますよ。写真撮影、SNSへの投稿など、ご自由に楽しんでください! 期間は10月31日までです。
(松村)

2018年10月2日(火) …… リンジーさんの異文化体験教室:英会話「リンジーさんの自己紹介」
 8月より、新たに「リンジー・ヘンダーソンさん」が黒部市の国際交流員として就任されました。
 この「異文化体験教室」は、国際交流員の協力のもと、コラーレで定期的に開催している大人向け国際交流イベントです。今回はリンジーさんによる異文化体験教室の1回目でした。リンジーさんの自己紹介に加え、英会話の練習や英語で話す時のコツなどを中心にお話しました。参加者の皆さんとも楽しく会話でき、大いに盛り上がりました。
 次回の異文化体験教室は、10月16日(火) 20:00から、英会話「ハロウィンにまつわる英会話」です。皆さんのご参加を、お待ちしております!
(松村)

2018年9月22日(土) …… 映画の森「あしたは最高のはじまり」
 大画面・大音響で映画を楽しもう! という思いを込めて、定期的に開催している「映画の森」。今回上映したのは、オマール・シー主演のフランス映画「あしたは最高のはじまり」。本国フランスでは、8週連続トップ10入りを果たす大ヒットを記録しました。
 南仏コートダジュールで、独身生活を謳歌するサミュエル。ある日、ロンドンからやって来た女性が、彼の娘だという赤ん坊グロリアを置いて去ってしまいます。彼女を追いかけロンドンに向かいましたが、異国の地で途方に暮れしまい……。
 とてもチャーミングな父親と娘に、笑いと涙の輪が広がりました。
 さてコラーレでは、今後も皆さまに素敵な映画をお届けします。10月は「嘘八百」、11月は「ハイジ アルプスの物語」、12月は「モリのいる場所」、1月は「ワンダー 君は太陽」、そして2月10日と11日には「懐かしの洋画特集」を開催します。引き続き、お楽しみに!
(新酒)

2018年9月15日(土) …… コラーレ・ラリー「手話であいさつ」
 夏の暑さはどこへやら。秋風が気持ち良い季節となりました。
 コラーレでは、「コラーレ・ラリー」秋バージョンがはじまりました。今回のテーマは、「手話であいさつ」。セロリとパセリというキャラクターが案内役として、手話を紹介します。コラーレの館内のどこかに貼ってあるカードを見つける「カード探しゲーム」です。時間制限はないので、ゆっくりとコラーレを散策しながら遊べます。
 手や指、腕などを使って、言葉や気持ちを伝える「手話」。口で話す言葉と同じように、手話も国によって表現の仕方が違います。このあたりではどんな手話が使われているのでしょうか。簡単な手話のあいさつを覚えれば、コミュニケーションが広がりますよ。
 ラリーは、11月4日まで開催しています。正解者の中から抽選で20名に、セロリとパセリのオリジナルグッズ(文房具など)をプレゼントします。参加は無料、気軽にご参加ください。
(新酒)

2018年8月27日(月) …… 24時間ぶっとおしライヴ
 8月25日(土)・26日(日)の2日間、コラーレでは「24時間ぶっとおしライヴ」を開催しました。
 このライヴは「愛は地球を救う・24時間テレビ」の趣旨に賛同し開催するチャリティー企画で、土曜の夜19時から日曜夜19時まで、24時間ぶっとおしでライヴを繰り広げます。スタッフと出演者はすべてボランティアで参加しています。21回目となる今年は「この先へ……歩き続けよう」をテーマにお送りしました。
 今年も、ロック、ビッグバンド、アコースティックから、吹奏楽、バレエ、フラなど、てんこ盛りの24時間をお届けしました。今回の運営スタッフ(実行委員)は34名が参加、そして出演者は39団体、のべ約460名が参加してくれました。スタッフ、出演者、お客様と、たくさんの人たちがこのチャリティーに関わってくれました。
 今年もたくさんの笑顔に出会えました。みんなの想いがこの先も続きますように……。今回が平成最後のライヴです。新しい年号になってからも、この場所でお会いできたらと思います。さらなる笑顔の輪が広がることを信じて。
(新酒)

2018年8月11日(土) …… 橋爪功 朗読劇
 少しだけ夏の暑さが落ち着いたこの日、俳優・橋爪功さんによる「朗読劇」を開催しました。橋爪さんと言えば、日本の演劇の世界にはなくてはならない名優。映画にテレビドラマ、舞台と活躍されている合間を縫って、コラーレにお越しになりました。コラーレでの朗読劇は、2016年の冬に引き続き、3回目となります。
 橋爪さんの「朗読劇」は、椅子に座って本を読み上げる「朗読会」とは一風違います。本を持ちながらも、舞台を動き、そしてその役を演じるのです。まさしく「劇」なのです。
 今回の公演は、井上ひさしさんの短編小説集「戯作者銘々伝」より、2つのお話を選びました。第1部が「山東京伝」(さんとうきょうでん)、第2部が「唐来参和」(とうらいさんな)、いずれも江戸時代後期に活躍した実在の戯作者です。
 内藤裕子さん演出による舞台は華やかであり奇抜であり、観る者の目を奪いました。そして、橋爪功さんの声は、実際の舞台にない風景を創り出し、本の登場人物の心を浮かび上がらせました。コラーレに素晴らしい時間をありがとうございます!
 最後に、お客様の終演後のアンケートを抜粋してご紹介します。
「味わい深い朗読劇でした」
「怒鳴る場面が今回は多く、あまり見られない激しい一面が見られて良かった。終盤、まるで橋爪さんではない老人に見えて驚いた」
「情景が浮かんできた」
「聴き入りました。橋爪さんのお人柄とあわせて、魅了されました」
「“唐来参和”はその昔、小沢昭一版で観て面白かった記憶が……。今回の朗読劇も橋爪氏の表現に深く引き込まれてしまった。様々な人間を一人の役者が演じわける。そして物語を作り上げることができる。朗読で人の性や人間模様を感じることのできる、佳き作妃であった」
「橋爪さんの声の演じ分け、見事なお芝居でした。ふとした仕草で悲哀を感じさせてくれる、すばらしい技。またコラーレで観てみたいです」
「橋爪さんがラジオで読まれた芥川作品を聞き、やはり今回の公演は聞かなければと、乳飲み子を預けてきましたが、大正解でした。初めての朗読劇鑑賞でしたが、おもしろさを存分に知れたように思います。いろいろな作品をデータで手軽に聴けるご時世ですが、生で聴けて良かったと思いました」
(新酒)

2018年8月9日(木) …… 平成30年7月 豪雨被害 復興応援ライヴ
 7月上旬に発生した全国的な豪雨災害。コラーレとして何かできることはないか、という思いから、緊急チャリティーライヴを開催しました。
 ライヴ開催の話が上がってから本番まで、わずか3週間……。短い準備時間の中、ライヴの主旨に賛同したグループの皆さんが急遽集まってくれました。このライヴでは、出演者や募金受付などのスタッフなどは、すべてボランティアで行っております。
 ライヴスタートは災害で亡くなられた方への黙祷から。その後は6組の出演者の皆さんのダンスや演奏で楽しませていただきました。またパフォーマンスだけでなく、被災地へ実際にボランティアとして行かれた方のトークセッションや、それぞれ出演者の皆さんが、ご自分の言葉で災害に対する想いを語っていただきました。被災地に思いを馳せながら、自分にも何か出来ることはないだろうか、もし自分の地域で災害が起こったら、などと考えるきっかけになったと思います。
 以下、ライヴのご報告をいたします。
パーソナリティー:シンガー英樹
出演者:キッズストリートダンス☆入善
    マツバラーズ
    コーラスグループ・カンターレ
    ヤングネットワークとやま 五十嵐光一
    ひでじ&ひとみ
    ハニーグレース
    シンガー英樹
入場者数:76人
募金額:134,438円
 本番には来られないということで、事前に募金を頂戴した方も大勢いらっしゃいました。入場料を含め、お預かりした募金は、赤い羽根共同募金「平成30年7月豪雨災害義援金」を通じて、すべて被災地に届けます。本当にありがとうございました!
(松村)



黒部市国際文化センター コラーレ
〒938-0031 富山県黒部市三日市20
TEL:0765-57-1201 FAX:0765-57-1207 E-mail:info@colare.jp
開館時間9:30〜22:30(土曜日23:00まで) 毎週水曜日休館(祝祭日の場合は開館)

このページのトップへ ― ホームへ